刀剣ワールドの交流サイト 刀剣広場



2018年11月の記事一覧

面白すぎる変わり兜~こんな武将には負けたくない!? ~

「戦」とは生死を分ける真剣な戦いのはず。それなのに、どうして選んだ?と突っ込みたくなるほどの変わり兜を纏った武将がいました。動物をモチーフにした変わり兜や、魚介系の変わり兜など、強くてカッコ良いだけじゃない、不思議で不気味な変わり兜をご紹介します。

日本刀にまつわる落語のハナシ ~「小烏丸」が意外なモノに!?~

日本の伝統芸能のひとつである「落語」。落語と言えば、侍が出てくるイメージを持つ方も多いはず。侍と刀剣・日本刀は、まさに「切っても切れない関係」にあるものですが、落語のお噺(はなし)では、どのような刀剣・日本刀が出てくるのでしょうか。

忍者が使った日本刀と鎧

日本のみならず全世界に広がっている「忍者」ブーム。忍者って何者?と聞かれたとき、皆さんはどのように答えるでしょうか。超有名ですが、ふんわりとしたイメージがあるだけの忍者について、覆われているベールの内側を少しだけ覗いてみましょう。

日本刀に息づく生命(いのち)

「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具や、刀身自体には、様々な動物や植物などが生き生きとした姿を浮かび上がらせています。そこに込められたのは、刀工や金工家の芸術的センスと、技術力の粋(すい)。今回は、名匠達が精魂込めて生み出した意匠の中から、「龍」と「動物」、「草花」についてご紹介します。

偉人・有名人と日本刀の意外な関係

元プロ野球選手の王貞治さんや、昔話で有名な一休さん、明治維新の立役者である坂本龍馬や木戸孝允(桂小五郎)といった偉人・有名人は刀剣・日本刀とどのような関係があったのか。刀剣・日本刀に関係する意外な偉人・有名人のエピソードをご紹介します。

にっかり笑う幽霊を切り捨てた名刀とは?

以前に展示会で「にっかり青江」(にっかりあおえ)と言う日本刀を見つけました。「青江」とは、備中国青江(現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。にっかり青江は「青江派」の代表作のひとつとなっています。「にっかり」と言う日本刀にしては似つかわしくないやわらかな印象の名前を持っていますが、その名前とは裏腹に不気味なこの日本刀にまつわる怪談があるのです。

日本刀の知識

誰でもみんなから、「スゴイねー」と一目置かれてみたいもの。その思いを、刀剣・日本刀に関する知識を身に付けて実現させませんか。刀剣・日本刀の分野はとても奥が深く、知識も幅広いですが、ここでは知ってて差がつく、刀剣・日本刀に関する豆知識を集めました!

武士と日本刀のニッチなルール

時代劇に登場する武士といえば、腰に大小の日本刀を帯び、背筋を伸ばして常に凛々しく、ときには快刀乱麻を断つ活躍を見せてくれます。しかし、フィクションではない武士達は、このスタイルを保つために細かく定められたルールに従い、努力を続けていたことをご存知でしょうか。ここでは、時代劇ではなかなか描かれない、武士と日本刀にまつわる豆知識をご紹介します。

主役をしのぐ名脇役 刀工・粟田口吉光の短刀

鎌倉時代中期に活躍した名刀工・粟田口吉光が手掛けた太刀は「一期一振」の異名を持つ名刀の他ごくわずか。作り上げたほとんどが短刀であったと伝えられています。そんな粟田口吉光作の短刀や脇差の中でも特に、興味深いエピソードを持つ4振をピックアップしました。

日本刀を作る

刀剣・日本刀に憧れを抱く人の中には、自分で作ってみたいと考えることがあるかもしれません。日本刀を作るには、どのようなことが必要で、どんな工程があるのでしょうか。刀匠になるためのことや、日本刀の作り方についてご紹介します!

日本刀の種類とその違いとは?

刀剣・日本刀は、形や大きさ、長さによって、いくつかの種類に分けられます。刀剣・日本刀って、一体何種類くらいあると思いますか?刀剣・日本刀の種類とその違いについて調べてみました!刀剣・日本刀の種類である、太刀と打刀、脇指と短刀の違いもご紹介します。

最強の刀剣とは

合戦で使う武器と言えば日本刀のイメージが強いですが、合戦における日本刀は補助、護身を目的にした武器でした。刀剣は薙刀、矛、槍なども含みます。では一体、どの刀剣が戦場で最強だったのか。強すぎて戦場から消えたと言われる「最強の刀剣」について解説します。