石田三成_thumb

石田三成という人物の評価は、あまり良くありません。「融通が利かない頑固者」、「実は性格がかなり悪かった」、「周囲の人からの評価も低く人気もなかった」など、どちらかと言うと性格が悪いイメージです。しかし、石田三成が残した名言をみてみると、低い人物評価とは少し違った一面を見ることができます。石田三成の行動は周りに良い印象を与えなかったと言われていますが、その行動は石田三成なりに理由があってのことだったのです。石田三成が残した名言から、彼本来の姿について確認していきましょう。

石田三成が困窮していた理由とは?

豊臣秀吉と石田三成
豊臣秀吉と石田三成

石田三成」は、「豊臣秀吉」の側で可愛がられていたことから、大名として余裕のある暮らしをしていたというイメージがあります。しかし、決して裕福な暮らしをしていたわけではありません。

関ヶ原の戦い」が終わり石田三成の居城が攻め落とされたとき、城には何も残っていなかったと言われています。その理由が分かるのが次の言葉です。

「常に奉公人は、主君より取物を遣ひ合わせて、残すべからず。残すは盗なり。つかひ過ごして借銭するは愚人なり」

「主君から与えられた資金はしっかり使い切り、残してはいけない。もし残すならそれは盗んでいることと同じだ。また使い過ぎて借金をするようであればそれは愚か者である」

実際に、石田三成はこの言葉の通りに行動しました。自分だけが余裕のある生活をすれば良いと考えるようなことはなかったと言われています。豊臣秀吉のためになるのであれば、自分の取り分を削ってでも「島左近」や「渡辺新乃丞」(わたなべしんのじょう:別名、勘兵衛とも呼ばれる石田三成の家臣)といった優秀な人材を得るために資金を使ったのです。

この名言から、石田三成は自分本位な性格だったのではなく、主君である豊臣秀吉のためであれば自分は困窮しても構わないという強い決意が感じ取れます。

石田三成のエピソードや関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

石田三成は気高く誇り高い人だった?

気高く誇り高い人は、自分を卑下することなく品位を持った態度で接することができるものです。石田三成はまさにそんな人物でした。それは、石田三成が「小早川秀秋」(こばやかわひであき:豊臣秀吉の養子)に向けた次の言葉から分かります。

「汝に二心あるを知らざりしは愚かなり。されど、義を捨て人を欺きて、裏切したるは、武将の恥辱、末の世までも語り伝へて笑うべし」

「お前が徳川側につくという裏切りに気付くことができなかった私は確かに愚かだ。だがしかし、本来貫くべき義を捨てて人を欺き、裏切ることは武将として実に恥ずかしいことである。お前のその行いは末代まで語り継がれ笑われることになるだろう」

この名言は、関ヶ原の戦いで捕らわれた石田三成をわざわざ見に来ていた小早川秀秋に対して言ったとされる言葉です。

小早川秀秋の裏切りに対する怒りを感じる言葉ではありますが、注目すべきなのは最初の言葉。ただ小早川秀秋を一方的に罵倒するのではなく、まず「自分が愚かだった」と自分の過ちを素直に認めています。

立場のある人が自分の過ちを素直に認めることは、プライドが邪魔をして簡単にできることではありません。しかし、石田三成は自分の過ちをまず認めたうえで、小早川秀秋に皮肉を述べています。

実際に、石田三成を裏切った小早川秀秋は現代でも裏切り者として有名であり、石田三成の言ったことは間違っていなかったと考えられているのです。

最期まで投げやりになることなく諦めない強さ

石田三成は、人生の最期の瞬間まで決して投げやりになることなく、諦めることもありませんでした。それは石田三成が京の六条河原で処刑される前に言った次の言葉からも分かります。

「大義を思ふ者は、仮令首を刎らるる期迄も命を大切にして、何卒本意を達せんと思ふ」

「人間として踏み行うべき最も大切な道をつらぬこうとするのであれば、首をはねられるその瞬間までも自分の命を大切にして、最後までその決意をつらぬこうとするのだ」

石田三成にとっての「大義」は、豊臣秀吉や豊臣家への忠義でした。自分が首をはねられると分かってはいても、最期の瞬間まで豊臣秀吉のために自分にできることを考え続け、決して諦めることはしなかったのです。石田三成の真の強さを知ることができる言葉となっています。

戦国武将の手本のような人物だった石田三成

このように、石田三成はたくさんの名言を残しており、これらの言葉を見ていくことで、悪いイメージとはまた少し違った印象を受けます。

何をするときも、最期の瞬間までも、石田三成がこだわったのは豊臣家への忠義でした。

それを考えると、ただ性格が悪かった人物だと一言で済ませてしまうのではなく、豊臣家を守ろうとして努力したゆえの行動・発言だったことが分かります。

このような点からも、実は石田三成はバカが付くほど真面目で、誰にも負けることのない深い忠誠心を持った、忠義を重んじる戦国時代の武将の見本とも言えるような性格の持ち主だったことが見えてくるのです。

今までとは違った観点で石田三成を見ることで、石田三成という人物に対して新たなイメージが出てくることでしょう。

【関連サイト】
石田三成 豊臣秀吉 島左近 小早川秀秋