荒事の代表的な役のひとつ「鳴神」

「歌舞伎」と聞くと、高尚で、どこかとっつきにくい印象もありますが、実は歌舞伎の「いろは」を知っていくと、歌舞伎とは、誰もが楽しめるエンターテインメント性の高い演劇だと気付きます。歌舞伎役者の名前と屋号も、そのいろはのひとつ。歌舞伎役者の名前と屋号のあれこれを知ると、俄然、歌舞伎を観るときの面白さが違ってきます。

歌舞伎役者の名前はなぜ変わるの?

歌舞伎役者の名前は、代々受け継がれる芸名がほとんどで、これは「名跡」(みょうせき)と呼ばれるものです。いわゆる歌舞伎界の一種のブランドと考えて良いでしょう。

そんな歌舞伎役者は、「市川さん」、「中村さん」と、いわゆる姓だけで呼ばれることはほぼありません。むしろ、親しい間柄でなくても、「團十郎(だんじゅうろう)さん」、「吉右衛門(きちえもん)さん」など、下の名前で呼ぶことがほとんど。

これは、「市川」姓をひとつとっても、「市川海老蔵」(いちかわえびぞう)、「市川染五郎」(いちかわそめごろう)、「市川猿之助」(いちかわえんのすけ)というように、市川を名乗る人がたくさんいることも理由のひとつですが、一番のポイントは、その名前全体、あるいは下の名前で、芸の中身をも表しているからです。

例えば、「市川團十郎」(いちかわだんじゅうろう)や市川海老蔵であれば、豪快な「荒事」(あらごと)、「中村勘三郎」(なかむらかんざぶろう)なら昔の道化役の名称である「猿若」(さるわか)に始まる特有のサービス精神、また「尾上菊五郎」(おのえきくごろう)は粋な「世話物」(せわもの:江戸の町人や庶民の世界を描いたもの)といったように、名跡から連想できる特色があるのです。

この歌舞伎の名跡には、出世などに際し改名する慣習があり、いくつかの名前を経て最高位の名跡に到達します。歌舞伎役者の名前が変わっていくのは、このためです。

また歌舞伎は、物語を理解しやすいように、役柄がパターン化されているのも大きな特徴

例えば、荒事は荒武者事の略で、もともと江戸の元禄期に初代市川團十郎によって生み出された演技スタイル。誇張された扮装、派手な隈取(くまどり:歌舞伎独特の化粧法のひとつ)、大きな見得(みえ:演技をいったん止めてポーズを取る)が特徴で、舞台は豪快で力強いものとなります。

もちろん演目によって違いは様々ありますが、市川團十郎という歌舞伎役者の名前から、そういった豪快な舞台を楽しめることが分かる訳です。

歌舞伎役者に付いている屋号ってなに?

屋号とともにそのお家芸を継承
屋号

そしてもうひとつ、歌舞伎の一門を表すのが「屋号」(やごう)です。歌舞伎役者に対し、「成田屋ぁ~」、「音羽屋っ!」といった声掛けを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これが屋号です。

江戸時代、武士以外は苗字を許されず、商人や豪農などにならって役者も屋号を用いるようになったと言われ、いわば屋号は、歌舞伎役者の家にとっての「看板」とも言えるもの。そのため、歌舞伎役者の名跡とともに、屋号にも代々受け継がれてきた個性があり、屋号とともにそのお家芸を継承するという考えが歌舞伎の世界にはあります。同じ演目でもその一門ならではの演じ方があるのです。

また、それぞれの家(一門)は、ひとりの役者を頂点とし、弟子がその役者を支えています。

歌舞伎の家柄にはランクがある

歌舞伎の世界には、序列がしっかりとあります。ただ、歌舞伎役者の家系図を紐解いていくと、もとをたどれば全員が親戚にもなりかねない世界であるだけに、一般的にその格付けは分かりにくいものです。

まず、主役を演じられるのは、格上の役者だけであり、そこから現在の歌舞伎役者の序列を推し量るのもひとつ。家柄の序列は主に歴史の長さによって決まっており、その筆頭は、市川團十郎家(成田屋)。続いて、尾上菊五郎家(音羽屋)、松本幸四郎家(高麗屋)、中村勘三郎家(中村屋)などが名門とされています。

歌舞伎界における代表的な屋号とともに、家柄の序列のポイントとなったエピソードをご紹介しましょう。

成田屋(なりたや)

歌舞伎の屋号の中で最も長い歴史を持つのが、市川團十郎家の「成田屋」(なりたや)です。祖先が成田不動尊を信仰していたことから名乗るようになりました。

この成田屋は、江戸歌舞伎の祖であり、歌舞伎界において最も権威を持つ家柄とされる「宗家」とされています。

初代市川團十郎が、派手で豪快な歌舞伎の演出法・荒事を創始。古来、日本には「荒人神」(あらひとがみ)という荒ぶる魂を持つ神がいろいろな力を振るう民間信仰があり、代々の團十郎は荒人神化され、江戸の守護神となっていきます。

また、得意なことを意味する「十八番」(おはこ)の語源となったのが、江戸後期に活躍した七代目市川團十郎が、荒事芸の中から成田屋のお家芸として選んだ「歌舞伎十八番」です。

2013年に十二代目市川團十郎が亡くなり、その名跡は空席。現在、成田屋のトップは十一代目市川海老蔵です。

【代表的な名跡】
市川團十郎・市川海老蔵など

音羽屋(おとわや)

成田屋とともに江戸歌舞伎の一翼を担ったのが、尾上菊五郎家の「音羽屋」(おとわや)です。初代尾上菊五郎の父の生誕地、京都の清水寺にある「音羽の滝」が名の由来。

一昔前、「団菊じじい」(だんぎくじじい)という、明治期の名優・九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎を何かにつけて賞賛する古老を揶揄した言葉もあったほど、成田屋と一対の江戸前ブランドです。

特に、粋でいなせな芸風が特徴で、「弁天小僧」(べんてんこぞう)などの世話物や怪談物を得意としています。

【代表的な名跡】
尾上菊五郎・尾上菊之助・尾上松也など

高麗屋(こうらいや)

「松本幸四郎」(まつもとこうしろう)を家長とするのが、「高麗屋」(こうらいや)です。初代松本幸四郎が若い頃、「高麗屋」という商店で丁稚奉公していたことがその名の由来。

高麗屋の跡取りは、松本金太郎→市川染五郎→松本幸四郎と名を継いでいき、染五郎のときは市川姓を名乗ります。これは成田屋の市川團十郎家との深い縁によるもの。

もともと高麗屋は成田屋の弟子筋にあたり、成田屋に跡取りが生まれなかった場合、高麗屋から養子を迎え、市川團十郎を継承したことも度々ありました。そんな慣習が名跡に組み込まれ、違う姓が混在する一因となったのです。

四代目と五代目の市川團十郎は、それぞれ二代目、三代目の松本幸四郎を経て市川團十郎を襲名。また、十一代市川團十郎は七代目松本幸四郎の息子です。

一方、「中村吉右衛門」(なかむらきちえもん)家の「播磨屋」(はりまや)との関係も深く、現在の十代目松本幸四郎の外曾祖父・初代中村吉右衛門が「梶原平三誉石切」(かじわらへいぞうほまれのいしきり)を当たり役にして以来、高麗屋でも代々と受け継ぐお家芸のひとつとしています。こういったことから、昔も今も歌舞伎界のキーマンの位置にいると言われる名門です。

「松本白鸚」(まつもとはくおう)は、人間国宝の九代目松本幸四郎が息子の六代目市川染五郎(現二代目松本白鸚)に名跡を譲る際、初代松本白鵬を襲名したのが始まりです。

【代表的な名跡】
松本白鸚・松本幸四郎・市川染五郎など

市川團十郎家(成田屋)とのかかわりが深い松本幸四郎家(高麗屋)
松本幸四郎家(高麗屋)家系図

中村屋(なかむらや)

歌舞伎の開祖として、京都では「出雲の阿国」(いずものおくに)、江戸では市川團十郎というのが定説ですが、実はもうひとり、開祖が存在するという説があります。それが、中村勘三郎をトップとする「中村屋」の初代「猿若の彦作」(さるわかのひこさく)です。実は阿国より一足早く、京都の四条河原で「猿若の舞」という一座を旗揚げし、人気を得ていました。

彦作というのは芸名の苗字で、猿に似た風情とひょうきんな振る舞いから、今の道化役にあたる言葉として猿若と呼ばれるように。その後、一座を連れて旅に出て、いつの頃からか本名を名乗るようになります。その名が中村勘三郎でした。

初代は、江戸の地に常設の芝居小屋としては初めての「中村座」(当初は猿若座)を開きます。また、1634年(寛永11年)、徳川幕府三代将軍「徳川家光」による御座船「安宅丸」(あたけまる)の初航海において、船中での催事一切を任されたのが中村勘三郎。初航海を歌と舞で鼓舞し、中村勘三郎の名を世に知らしめたと伝わります。

しかし、幕末には名跡を名乗る者がいなくなり、中村座も明治期に廃座。それを戦後、名跡を譲り受ける形で復活させたのが、十七代目中村勘三郎(中村歌六家の播磨屋の子)です。

そして、十八代目中村勘三郎が、「中村勘九郎」(なかむらかんくろう)時代に「芸は観客と一緒に作っていくものだ」という信念のもと、東京・浅草の隅田公園内に「平成中村座」と名付けた江戸時代の芝居小屋を模した仮設劇場を設営しました。

これがのちに平成中村座という公演名になり、時空を超えて江戸の芝居見物を体験できるエンターテインメント性の高い舞台を、国内外問わずに展開。初代から続く中村屋特有のサービス精神も、今に受け継がれているのです。

2012年(平成24年)に十八代目中村勘三郎が亡くなり、現在、その名跡は空席です。

【代表的な名跡】
中村勘三郎・中村勘九郎・中村七之助など

その他の屋号

この他、著名な屋号としては、「坂田藤十郎」(さかたとうじゅうろう)などの「山城屋」(やましろや)、「中村歌右衛門」(なかむらうたえもん)・「中村芝翫」(なかむらしかん)などの「成駒屋」(なりこまや)、「片岡仁左衛門」(かたおかにざえもん)・「片岡秀太郎」(かたおかひでたろう)・「片岡愛之助」(かたおかあいのすけ)などの「松嶋屋」(まつしまや)、「市川猿翁」(いちかわえんおう)・「市川猿之助」(いちかわえんのすけ)などの「澤瀉屋」(おもだかや)、坂東玉三郎などの「大和屋」(やまとや)などがあります。

【関連サイト】
歌舞伎と浮世絵
歌舞伎と浮世絵が、どのように出会い、さらなる発展をしたのかをご紹介します。
武将浮世絵写真
有名な歌舞伎のワンシーンや歌舞伎役者を描いた役者絵をご紹介します。
歌舞伎と刀剣
日本刀が登場する歌舞伎の名場面や見どころ、特徴などをご紹介します!
歌舞伎座で日本の伝統芸能を楽しもう!
東京都中央区に新開場したGINZA KABUKIZAの魅力や歴史などをご紹介します。