主役をしのぐ名脇役 刀工・粟田口吉光の短刀

脇役かもしれないけれど主役よりも気になる、魅力を感じるというキャラクターがいますよね? 鎌倉時代中期に活躍した名刀工・粟田口吉光(あわたぐちよしみつ/通称・藤四郎)の手による短刀がまさにそれ。吉光が手掛けた太刀は「一期一振」の異名を持つ名刀の他ごくわずか。作り上げたほとんどが短刀であったと伝えられています。しかも太刀や打刀をも凌駕するほどの名品が多く、歴史に名を残しているのです。粟田口吉光作の短刀や脇差の中でも特に、興味深いエピソードを持つ4振をピックアップしました。

ふくらまろやかナマズのしっぽ

鯰尾藤四郎

「鯰尾」(なまずお)とは、ずいぶんユニークな名前だと思いませんか?

これは刀身の先端にあたる鋒/切先から刃に向かってカーブしている部分「ふくら」がふっくらと丸く、ナマズの尾に似ていることから付いた名前です。

ちなみに、ふくらのカーブが丸みを帯びていれば「ふくら付く」、鋭く直線的ならば「ふくら枯れる」と言います。なんとも味わい深い表現ですね。

鯰尾藤四郎

鯰尾藤四郎

さて「鯰尾藤四郎」(なまずおとうしろう)ですが、初めから脇差として生まれた刀剣・日本刀ではありません。長巻を脇差に作り直した「長巻直し」です。「長巻」とは薙刀などの長柄武器のことで、これがなかなかの優れ物。離れた位置から敵に切り付けたり、柄を持って薙ぎ払えば何人もの敵を一気に倒したりすることができるので、実戦では最強武器の名を欲しいままにしていました。

しかし、戦国時代となり戦が大規模化すると、最強であるがために味方をも傷付ける恐れのある長巻は主役の座から退いていくことになります。代わりに長巻の茎(なかご)部分を磨上げたりして、脇差や短刀に作り直した長巻直しが表舞台へ登場しました。鯰尾藤四郎は、小薙刀直しだと伝えられています。

はっきりと記録が残っている最初の持ち主は、織田信長の次男・「織田信雄」(おだのぶかつ)です。1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いの際、信雄は敵と通じた疑いのある重臣3人を家臣の「土方勝久」に命じて手討ちにしました。このとき使われたのが鯰尾藤四郎です。

土方勝久はのちに豊臣家へ仕官。鯰尾藤四郎も豊臣預かりとなり、「豊臣秀頼」お気に入りの1振となりました。

残念ながら、1615年(慶長20年)の大坂夏の陣で大坂城の落城と共に焼けてしまいます。現在、愛知県名古屋市徳川美術館に所蔵されている鯰尾藤四郎は、名刀が失われるのを良しとしなかった「徳川家康」が「越前康継」に焼き直しさせた物です。

竜王もほしがるモテモテぶり

骨喰藤四郎

これまたユニークな……と言うより恐ろしげな名前の付いた「骨喰藤四郎」(ほねばみとうしろう)。まるでゾンビか魔物のようですが、もちろん実際に骨を喰らう訳ではありません。

骨喰藤四郎

骨喰藤四郎

「斬るふりをしただけで、骨まで砕いてしまうかのごとき切れ味」と言う賞賛が名前の由来です。こちらも鯰尾藤四郎と同じく、もともと薙刀だった物を磨り上げて脇差へと作り直しされました。刀工は粟田口吉光だと言われていますが、実は異説もあるとのこと。

しかし、名刀であることに疑いはなく、そのためか多くの武将の手に渡りました。骨喰藤四郎がまだ薙刀だったころ、大友氏が「源頼朝」から拝領。のちに「足利尊氏」へ献上されます。

1565年(永禄8年)、13代将軍・「足利義輝」が「松永久秀」と三好三人衆に暗殺される事件が勃発。この「永禄の変」のどさくさにまぎれて、骨喰藤四郎は松永久秀の物に。

松永久秀が骨喰藤四郎を手に入れたと知った大友氏21代当主・「大友宗麟」は、もともと大友氏の重宝なのだから自分に譲って貰いたいと要求。およそ3千両と多くの財宝を用意して、家臣の「毛利兵部少輔」(もりべひょうぶしょうゆう)を遣わします。松永久秀はしぶりますが、当時大友宗麟は九州6ヵ国を支配する実力者であったため断り切れず、名刀を返すことにしました。

ここに不思議なエピソードが残っています。毛利兵部少輔が船で豊後に帰る途中、日も暮れた播磨灘でのこと。突然海上に数千万もの光が現れ、船に近づいてくるではありませんか。毛利兵部少輔は、松永久秀が骨喰藤四郎を返すのが惜しくなって軍勢を差し向けたに違いないと身構えました。

そこで「命ある限り、これを渡すことはないぞ!」と怒鳴ると次の瞬間、無数の光はすっと消えてしまったのです。これを見て毛利兵部少輔は、竜宮城に住むという竜王が名高き名刀である骨喰藤四郎を望んできたのではないかと考えたそうです。こののち豊後まで無事に運ばれ、1336年(建武3年)以来229年ぶりの大友氏への帰還を果たします。

ところが骨喰藤四郎は、刀剣・日本刀コレクターとしても有名な「豊臣秀吉」に所望され、献上されました。大坂城落城の際には炎を逃れ、堀の中から奇跡的に無傷で見つかっています。

しかし、1657年の明暦の大火で焼けてしまい、打ち直されることとなりました。

主人の腹は切らない忠義のココロ

薬研藤四郎

戦国時代が始まるきっかけとなった「応仁の乱」の真っ只中。「畠山政長」は、家督争いの末に敵対する「畠山義豊」と「細川政元」に居住地の河内正覚寺城を攻められ孤立無援に。もはやこれまでと、所有する「吉光」で腹を切ろうとします。

ところがうまくいきません。3度まで試みましたが切れませんでした。ヤケを起こした畠山政長が短刀を投げ捨てると、そばにあった薬研(やげん)に見事突き刺さったのです。「薬研」とは、漢方薬などを作るときに薬種をひくために使う器具で、石製の他に鉄製や陶製などがあります。

のちの世の人々はこの「吉光」を「薬研藤四郎」(やげんとうしろう)と呼び、「硬い薬研を貫くほどの切れ味だが、主人の腹は傷付けない」とその忠誠心を称えました。

薬研藤四郎

薬研藤四郎


薬研藤四郎は、もともと足利将軍家に伝えられた刀剣・日本刀だと言われています。それがどういった経緯で畠山政長の所有になったのかは、眉唾物のエピソードが入り乱れていてはっきりしません。

畠山政長亡きあと足利将軍家に戻りますが、「永禄の変」に際して松永久秀の手に渡ります。このあたりのいきさつは骨喰藤四郎に似ていますね。

忠義の名刀を手に入れた松永久秀は歓心を買おうとしたのか、薬研藤四郎を織田信長に献上します。信長はこの短刀をたいへん気に入ったとのこと、いつも携えていたと伝えられるほどです。

1582年(天正10年)「本能寺の変」が起こります。織田信長が自刃したとき、薬研藤四郎も主人と共に炎に包まれました。そのあとの消息は不明。現存していません。忠誠心あふれる短刀は最後に主人に殉じる運命を選んだのでしょうか。

巨大なクモ退治の立役者

蜘蛛切丸

「蜘蛛切」と言う名前で知られる吉光作の短刀は、実は1振ではありません。有名なところでは、一色家伝来の「蜘蛛切藤四郎」や結城家伝来の「蜘蛛切吉光」などが挙げられます。

ここでは、織田信長桶狭間の戦いに勝利した1560年(永禄3年)に奉納した吉光銘の脇差をご紹介しましょう。

1792年(寛政4年)発刊の「古刀銘盡大全」(ことうめいつくしたいぜん)に「蜘切」の名で記載されている熱田神宮宝物館の宝刀です。「蜘蛛切」の持ち主は、大江山の鬼退治伝説で名高い清和源氏(せいわげんじ)3代・「源頼光」です。

ある夜のこと、頼光は原因不明の熱病にさいなまれ床に臥せっていました。すると突然、枕元に身長2mを超える法師が現れ、頼光を縄で縛って連れて行こうとしたのです。頼光はとっさに手元にあった脇差を抜いて反撃。斬り付けられた法師は煙のように消え去ってしまいました。残されたのはおびただしい血痕。

騒ぎを聞き付け「四天王」と呼ばれる配下のつわもの達が駆け付けてきます。四天王が血の跡をたどって行くと、北野の奥にある古塚まで続いていました。これは塚を暴いてみるしかありません。

そこでは、体長120cmもの大蜘蛛が瀕死の傷に苦しんでいました。「主人の熱病はこの蜘蛛の仕業か!」四天王は大蜘蛛を捕らえると、鋭い鉄の棒で串刺しにして川原に晒しました。

まもなく頼光の熱も下がり、この大蜘蛛を斬った刀剣・日本刀は「蜘蛛切丸」(くもきりまる)と名付けられ、源氏一族からの崇敬を集めたのです。

蜘蛛切丸

蜘蛛切丸