日本刀と包丁

日本を代表する刃物として、真っ先に名前が挙がるのは刀剣・日本刀でしょう。
武将(武士)が帯刀した刀剣・日本刀は、現代では美術品としてその価値を認められ、毎年多くの刀剣展示会が開催されています。

一方、私達にもっとも身近な刃物と言われてすぐに思い浮かぶのが包丁です。
包丁は誰もが1度は握ったことがある刃物で、料理をする際に食材を裁断したり、細かく刻んだりするのに欠かせない道具です。

それでは、刀剣・日本刀と包丁は、どのような違いがあるのでしょうか。その関係性は?
ここでは、刀剣・日本刀と包丁の関係について、少しだけ掘り下げてみることにします。

日本刀のような形?をした包丁

一般的には、刀剣・日本刀は細長い刃物で、包丁は短めの刃物というイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、刺身を切り付けるときなどに使われる「柳刃包丁」や、大型魚を解体するときに使われる包丁など、まるで刀剣・日本刀のような形をしている物もあります。

マグロの解体ショーなどで、刀剣・日本刀のような包丁を使ってマグロをおろしていく様子を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

そう考えると、長ければ刀剣・日本刀、短ければ包丁という分類は難しそうです。

包丁は大きく分けて「和包丁」「洋包丁」「中華包丁」の3つに分類できます。

前述の2種類の包丁は、いずれも和包丁。その特徴としては、洋包丁や中華包丁と比べて刃が薄いことが挙げられます。

それでは、こうした特徴は、どのようにして生まれたのでしょうか?その手がかりとなりそうな物が「東大寺」の宝物庫である「正倉院」(しょうそういん)に残されていました。

正倉院御物の包丁

正倉院御物の包丁

それが、日本最古(奈良時代)であると言われている2本の包丁。これらは、儀式で使用されていたと考えられていますが、ともに総長約40cm柄が長く、見た目は鍔(つば)のない刀剣・日本刀といった趣。

神前に供されることも多かった刀剣・日本刀とは違い、包丁は実用品であり、切れ味を維持するために、繰り返し研がれて磨り減らしながら使われていたため、古い物はほとんど残っていないのが実情です。

このような形状の包丁は、江戸時代初期頃まで使われていたと言われています。

「包丁」の号を持つ日本刀

刀剣・日本刀の中にも、号(ごう:呼び名)に「包丁」の2文字が使われている物も存在しています。

その代表格が国宝の短刀「庖丁正宗」(ほうちょうまさむね)です。

庖丁正宗

庖丁正宗

「庖丁」に用いられている「庖」は「包」に書き換えられる常用外の漢字。そのため「庖丁」と「包丁」は同義であると言えます。したがって、この「短刀」は包丁と何らかの関係がありそうです。

庖丁正宗の作者は、日本で最も有名な刀工「正宗」(まさむね)。「五箇伝」のひとつ「相州伝」を代表する刀工で、「山城伝」の「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、越中(現在の富山県)を拠点としていた「郷義弘」(ごうのよしひろ)と共に、「天下三作」(てんがさんさく)と称される名工として知られています。

号の由来は、短刀の形状が包丁に似ていること。前述した正倉院御物の包丁と比較すると、こちらの方が現在の包丁に近い形をしているように見えます。

なお、庖丁正宗の号を有する短刀は、3振が現存していますが、そのいずれもが国宝に指定されている名品です。

廃刀令で刀工が包丁を制作することに

1876年(明治9年)、「廃刀令」(はいとうれい)が発せられました。その内容は、「大礼服」(たいれいふく:宮中の儀式などのときに着用した礼服)着用の場合や、軍人・警察官吏などが制服を着用する場合を除いて、刀剣・日本刀を身に着けることを禁じるもの。

これにより、日常生活において完全に不要となった刀剣・日本刀の需要は皆無になります。

「武士の魂」とされた刀剣・日本刀を、強制的に取り上げてしまう廃刀令に象徴される明治新政府による「士族解体」政策は、1877年(明治10年)の「西南戦争」に至る一連の「士族の反乱」の引き金となったとして認識されていますが、他方で、日本独自の発展を遂げてきた、刀剣・日本刀の生産者である刀工達の生活にも、大きな影響を及ぼすものでもあったのです。

刀剣・日本刀制作を続けていくべきか否か。岐路に立たされた刀工達は、生きていくために新たな道を模索し始めます。

そのひとつが刀剣・日本刀制作で培った技術を活かして、刀剣・日本刀以外の刃物を制作していくこと。端的に言えば、生活必需品である包丁を制作する鍛冶への転身でした。

こうして数多くの刀工達が包丁制作に「参入」したことで、包丁制作において刀剣・日本刀制作のエッセンスが持ち込まれたことは、想像に難しくありません。

象徴的なのが、刀剣・日本刀と同様の方法によって制作する、いわゆる「日本刀包丁」の存在です。これは「外見」は包丁ですが、「中身」は刀剣・日本刀と言うべき物。

このようにして刀剣・日本刀と包丁の境界線は、あいまいになっていったとも考えられます。

日本刀と包丁の違い

日本独自の発展を遂げてきた刀剣・日本刀と包丁の境界線はどこにあるのでしょうか。

一般的に言われているのは、材料の違いです。刀剣・日本刀は、日本伝統の製鉄法である「たたら製鉄」法によって精製された「玉鋼」(たまはがね)を鍛えて刀身を制作します。

玉鋼を精製するために操業している「たたら」は、現在では「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が島根県内で運営している「日刀保たたら」のみ。

それゆえ、生産量が少なく、刀剣・日本刀制作の材料以外の用途に用いられることは、ほとんどありません。他方、一般的に包丁の材料は「鋼」(はがね)、「鉄」、「ステンレス」や「セラミック」など多岐に亘ります。


日本刀と包丁の断面図

日本刀と包丁の断面図

また、刀剣・日本刀と包丁の違いは、前述したいわゆる日本刀包丁のような特殊な例を除いて、その構造にも見て取れると言われています。

すなわち、刀剣・日本刀の制作においては、やわらかい「心鉄」(しんがね)を硬い鋼で包み込むようにして刀身を制作しますが、和包丁においてはやわらかい鉄に刃となる硬い鋼を接合する方法を採用。

その構造は異なっているのです。この違いについては、包丁が実用品であり、切れ味を維持するために、日常的に研ぐことが必要であることから、やわらかい素材で刃となる鋼を「カバー」して、刃部分が必要以上に磨り減ることを防止する目的もあったと考えられます。

日本刀も包丁も特別な存在

刀剣・日本刀と包丁について考察してきましたが、材料と構造において、違いがあることから、別物であると言うのが一般的な考え方でしょう。

もっとも、前述のように、刀剣・日本刀と構造は違いますが、和包丁においてもやわらかい素材と硬い鋼を組み合わせて制作されているのは事実。

刃の部分で使われる硬い鋼の脆さ(折れやすい)欠点を、やわらかい素材と接合させることで補う意図があると言えるのです。

もちろん、和包丁の強度は刀剣・日本刀のそれに及ぶべくもありません。

しかし「折れず、曲がらず、よく斬れる」という刀剣・日本刀のエッセンスを汲み取ることはできます。

また、刀剣・日本刀が実用の刃物としての役割を終えた今、日本における代表的な実用刃物は和包丁。武士の魂と言われる刀剣・日本刀と同様に、包丁についても「料理人の魂」と表現されることもあります。

単なる道具であることを超えて、使い手にとって特別な存在になり得る刃物という意味においても、和包丁は、現代では美術品となった刀剣・日本刀の有する歴史の延長線上にある存在であると言うことができるのではないでしょうか。