【刀剣展示会情報】伝承 日本の刀剣展をチェック!【大阪府】

刀剣・日本刀を間近に観て、刀匠のトークも聞けるチャンス到来!「伝承 日本の刀剣展 平安から現代まで」が2019年4月17日(水)~22日(月)、大阪府の阪急うめだ本店9階・阪急うめだギャラリーにて開催されます。しかも、現代の刀匠が鍛えた作品を購入することもできるのです。刀剣・日本刀ファンとしては見逃せない、この展示会の詳しい内容を調べてみました。

キャッチコピーは「平安時代からの名刀と、新進気鋭の刀匠が、夢の競演。」

伝承 日本の刀剣展

伝承 日本の刀剣展

展示は、第一部・第二部に分かれ、第一部では、「備前光忠」(びぜんみつただ)、「正宗」(まさむね)、「堀川国廣」(ほりかわくにひろ)など、平安時代から現代までの名刀30振が展示されます。

ただし、第一部の販売はないので、ご注意を

第二部では、次代を担う新進気鋭の3刀匠、「川崎晶平」(かわさきあきひら)氏、「明珍宗裕」(みょうちんむねひろ)氏、「月山貞伸」(がっさんさだのぶ)氏の作品を紹介。

この3人のグループ展は初開催とのことで、大変レアな鑑賞機会と言えます。

今回の展示会では、それぞれが新作4振を出展。3刀匠による合作刀も制作され、川崎晶平刀匠が鍛え、明珍宗裕刀匠が焼入れ、そして月山貞伸刀匠が彫を施した、渾身の作と伝えられており、期待せずにはいられません。

ここでは、第一部・第二部で名前の挙がった刀匠のプロフィールを追っていきます。

第一部は歴史を感じさせてくれる名刀の展示

備前長船派の祖「備前光忠」

生没年不明。備前国(現在の岡山県)の刀工集団のうち、鎌倉時代中期以降に長船(おさふね:現在の岡山県瀬戸内市長船町)を拠点として活躍した一派が「備前長船派」です。

光忠を祖とする長船派の作は名品揃いと評価され、戦国時代まで盛隆を極めました。

光忠の作風は、「古備前派」(平安時代中期に栄えた備前国の刀工一派)に見られる「小沸」(こにえ)の付いた「小乱れ」の作品から、華麗な「乱れ刃」を焼いた豪気な作品まで多彩。

織田信長」が光忠の刀剣・日本刀を愛し、32振を集めたと言われています。信長の眼鏡に適った光忠の作品とは、どれほどの魅力を放っているのでしょうか。

最も著名な刀工のひとり「正宗」

相州伝

相州伝

鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で活躍。「相州伝」と呼ばれる作風を完成し、多くの弟子を育てました。

刀剣・日本刀ファンならずとも名前を知っているような高名な刀工ですが、生没年は不明。

また、ほとんど銘を切らなかったと伝えられています。それが正宗に神秘性を与えたのか、明治期には、正宗は架空の存在であるとする「正宗不在説」がささやかれるなど、様々な伝説が残されました。

無銘であるがゆえに、偽物が大量に出回っていると言われており、本物を目の前で見られるこのチャンスは何としても掴んでおきたいところです。

新刀初期の大勢力を興した「堀川国廣」

1531年(享禄4年)生まれ、1614年(慶長19年)没。山伏修行をしながら諸国を放浪して作刀を続け、1599年(慶長4年)ごろ京都一条堀川に定住。新刀初期の一大勢力「堀川派」の祖となります。

倶利伽羅龍 真行草三体

倶利伽羅龍 真行草三体

国廣の作風は、正宗をはじめとする相州伝に倣った表現が見られる他、志津(しず:現在の岐阜県海津市)風を醸し出した「湾れ」(のたれ)や「互の目」(ぐのめ)を焼き、良く付いたに、金筋砂流しがかかるのが特徴です。

また、「不動明王」(ふどうみょうおう)や梵字(ぼんじ)などの刀身彫刻を得意としており、独自の技は弟子にも受け継がれました。

国廣ならではの彫物を目の当たりにしたら、その迫力に圧倒されるのではないでしょうか。

第二部は刀剣界を牽引する現代刀匠の作品を展示販売

1,000年後にも愛される作品を創る「川崎晶平」刀匠

1968年(昭和43年)生まれ。大分県大分市出身。明治大学卒業後、人間国宝の「宮入小左衛門行平」(みやいりこざえもんゆきひら)刀匠に入門。

修行を積んだのち2003年(平成15年)に独立。2017年(平成29年)には、日本刀文化振興協会「日本刀名匠」無審査に認定されました。

「1,000年後も愛される作品を創ること」、「他にまぎれない唯一の作であること」、「誰かを幸せにする作品であること」をモットーとして作刀に打ち込む川崎晶平刀匠。

守り刀

守り刀

なかでも、丹念に磨き上げられた玉鋼(たまはがね)には魔を祓う力があるとされることから、刀剣・日本刀を「守り刀」として持つことを推奨しており、「お守り刀展覧会」で各賞を受賞、その後、審査員も務めています。2016年(平成28年)には、駐日ポーランド共和国大使にお守り刀を納めました。

今回の展示会で、川崎晶平刀匠の作品をお守り刀として購入できれば、それだけで幸運を手にしたことになると思います。

平安時代から続く甲冑師の家系を守る「明珍宗裕」刀匠

1974年(昭和49年)、兵庫県姫路市生まれ。明珍家は、その始祖を平安時代にまでさかのぼる甲冑師の家系であり、明珍宗裕刀匠の父、52代「明珍宗理」(みょうちんむねみち)氏は「明珍火箸風鈴」(みょうちんひばしふうりん)を創始した名工です。

明珍宗裕刀匠は、宝塚造形芸術大学卒業後、玉鋼の鍛錬技術を学ぶために「久保善博」(くぼよしひろ)刀匠に弟子入りしました。

2005年(平成17年)の独立以来、現代、そして次代の刀剣界を担う若き刀匠として活躍。「日本刀・刀職技術展覧会」で最高賞の経済産業大臣賞を3度受賞するなど、多くの賞を獲得する傍ら、展覧会やワークショップなどでも精力的な活動を行なっています。

今回制作された3刀匠合作刀では焼入れを担当。明珍宗裕刀匠単独の作品にも見られる独創的な「刃文」(はもん)が注目されます。

月山鍛冶の歴史と技術を受け継ぐ「月山貞伸」刀匠

1979年(昭和54年)、「月山貞利」(がっさんさだとし)刀匠の長男として奈良で誕生。子供の頃から祖父や父の作刀風景を見て育ち、京都産業大学入学と同時に父・貞利刀匠に入門します。

月山鍛冶は、鎌倉時代初期の「鬼王丸」(きおうまる/おにおうまる)を祖として、奥州月山(岩手県)の麓に栄えました。

綾杉肌

綾杉肌

月山鍛冶の最も大きな特徴は、刀身全体に波のように現れる「綾杉肌」(あやすぎはだ)で、「月山肌」とも呼ばれています。

月山貞伸刀匠も伝来の綾杉肌の伝法を受け継ぎながら、相州伝をはじめとする各伝の技術を磨き、各種コンクールでも多数受賞。

最近では、アニメ作品とのコラボレーションや、刀剣鑑賞会などを積極的に試みることで、刀剣界の発展に寄与しています。

また、月山鍛冶としては、龍や御神仏、剣、梵字を刀身に彫刻した「月山彫」も有名。

今回の3刀匠合作刀では、月山貞伸刀匠は彫を担っており、こちらもじっくりと鑑賞したいですね。

展示・販売だけじゃない、ぜひ参加したいイベント

御刀相談会(無料)

日常的な手入れ方法は? 刀身が錆びているときはどうすれば良い?刀剣・日本刀に関する様々な疑問や相談に答えてもらえるそうです。このような機会はなかなかないので、参加してみましょう。

開催時間:会期中 10~18時

3刀匠ギャラリートーク(無料)

川崎晶平刀匠、明珍宗裕刀匠、月山貞伸刀匠によるギャラリートークが開催されます。

刀剣・日本刀の作り方から、今回出展作品に込められた想いまで、3刀匠が存分に語ってくれるこの機会。SNSなどでは分からない、刀匠の熱い心に直接触れられるチャンスを楽しみたいと思います。

開催日時:4月20日(土)・21日(日) 各日14時~(約30分)

刀匠によるプレート銘切り

銘切り(めいきり)とは、刀剣・日本刀の「」(なかご)などに鏨(たがね)で名前を刻むこと。名前や座右の銘など依頼者の好きな言葉を、刀匠自身が鏨でプレートに切り込んでくれます。

これこそレア中のレア。どんな言葉を切ってもらうか、しっかり考えておきたいですね。

開催日時:4月20日(土)・21日(日) 各日20名 税込2,160円(紐付き)

本展の詳しい開催日時・場所はこちら

日時
4月17日(水)~22日(月)
日~木曜日:10~20時
金・土曜日:10~21時
※催し最終日は18時閉場
場所
阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー
〒530-8350
大阪府大阪市北区角田町8番7号
電話:(06)6361-1381
入場料
無料/一部展示販売