にっかり笑う幽霊を切り捨てた名刀とは?

皆さんこんばんは。夜の帰り道は何だか心細く、ススキさえも不気味に感じます。不気味と言えば、以前に訪れた展示会で「にっかり青江」(にっかりあおえ)と言う日本刀を見つけました。「青江」とは、備中国青江(びっちゅうのくにあおえ=現在の岡山県倉敷市)で活躍したとされる刀匠の一派です。にっかり青江は「青江派」の代表作のひとつとなっています。「にっかり」と言う日本刀にしては似つかわしくないやわらかな印象の名前を持っていますが、その名前とは裏腹に不気味なこの日本刀にまつわる怪談があるのです。

にっかり青江の怪談話

にっかり青江の名前の元となった話は以下のようなものです。

とある武士が自分の治めている領内に化け物が出るという噂を聞き、深夜の山奥を歩いていました。すると、ポツンと子どもを抱いた女の人が立っているのを見つけたのです。女の人が武士を見つけると女は「にっかり」と笑い、抱いていた子どもに対して「あの武士の方に抱かれてきなさい」と告げました。そして、子どもは武士に向かってゆっくりと近付いてきたのです。これを怪しいと思った武士は、近づいてきた子どもとその女の人を切り捨てて立ち去りました。その翌日、もとの場所に行ってみると女の人と子どもはおらず、2つの石灯籠(いしどうろう)が首にあたる位置からそれぞれ切り落とされ、真っ二つになっていたと言います。なぜ、このような不気味な伝説を作ったのか・・・謎です。このにっかり青江の伝説も「享保名物帳」「常山紀談」、京極家の所伝で、似たストーリーが異なる登場人物で伝えられていると言うこともあり、さらに謎は深まります。

しかし、にっかり青江はこのような不気味な伝説がある反面、歴代の有名な武将達が所有し愛された名刀でもあるのです。例えば丹羽長秀は、柴田勝家の養子である柴田勝敏を賤ヶ岳の戦いで捕らえた際、柴田勝敏の差料であった本刀を奪い取り、子の丹羽長重に与えました。これに対し丹羽長重は、茎(なかご)に金象嵌で「羽柴五郎左衛門尉長重所持」という、自らの名前が入った銘を刻ませたほど喜んだと言います。

数々の名刀を愛した豊臣秀吉がにっかり青江を手にした際には、自分のために本刀の磨上げ(すりあげ)を行なったとされており、息子の豊臣秀頼が受け継いだときにはこの日本刀に合わせた拵を2回も作らせたと伝わっているのです。

もしかすると、誰にも渡したくないから怪談話を作ったのかもしれません。

にっかり青江の歴代所有者
柴田勝家 → 柴田勝敏 → 丹羽長秀 → 豊臣秀吉 → 豊臣秀頼 → 京極忠高

にっかり青江(背景変更)

素晴らしすぎて京極家の狂歌に!?

にっかり茶壷に多賀越中


にっかり青江は、最後の所有者となった京極家で、たいそう大切にされました。それが伝わる狂歌(くだけた表現の短歌)が京極家に残っています。

「京極にすぎたるものが3つある。にっかり茶壺に多賀越中」

「すぎたるもの」とは、素晴らしすぎて自分にはもったいない物という意味です。「にっかり」は今回出てきたにっかり青江。「茶壷」は京極家との関係が深い野々村仁清作の茶壺であり、彼の作品で京極家が所持していた茶壷は国宝や重要文化財となっています。「多賀越中」は、京極家を古くから支えた重臣のことです。このように歌にされるほど、持ち主に愛されて、日本刀も「にっかり」(にっこり)微笑んでいるかもしれませんね。