101_日本刀由来のことわざ_サムネイル

「ことわざ」と聞くと、「何だか難しそうだな」と思う方が多いかもしれません。しかし、実際には無意識のうちに、私達はことわざを使っています。私達が普段何気なく話している言葉の中にも、日本刀が「隠れている」のです。

ここでは、架空の学生の会話を題材として、その中で使われている日本刀由来のことわざをご紹介。その成り立ちや由来、意味について掘り下げます。最後には、日本刀由来のことわざを学ぶための情報もご用意しておりますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

ある学生の会話

101_日本刀由来のことわざ

「今日の試験では、とんちんかんなことを書いてしまったよ。やっぱり付け焼き刃では、学生同士がを削っている試験で合格するのは厳しいな。丸腰で試験に臨んでしまったのだから、身から出た錆かな…」

ある資格試験の終了後、帰路についた学生の中から、こんな声が聞こえてきたと仮定しましょう。沈んだ感じの声から、試験の出来が芳しくなかったことが伺えます。

前述した会話を意訳すると「今日の試験は間抜けな答案を書いてしまった。競争が激しい試験では、その場しのぎで覚えた知識では合格が難しいな。しっかりと準備しないで試験を受けた自分が悪いのだけど…」といったところでしょうか。

いずれにしても、この学生は、あまり勉強しないまま試験を受けた結果、厳しい洗礼を受けてしまったようです。

実際の会話では、こんな面倒くさい言い回しはしないよ!というツッコミは一旦、脇に置いておくとして(笑)。この会話の中では、「とんちんかん」「付け焼き刃」(つけやきば)、「鎬を削る」(しのぎをけずる)、「丸腰」「身から出た錆」という5つの日本刀由来のことわざが使われています。

お読み頂いて御気付きかと思いますが、ほぼ日本刀由来のことわざを使ったとしても、意味の通る会話になってしまうのです。それほど、日本刀由来のことわざは日常会話に溶け込んでいるとも言えます。

会話の中の日本刀

とんちんかん

06_鍛錬

相槌

とんちんかんとは、物事のつじつまが合わなかったり、ちぐはぐになったりしてしまうという意味です。

元々は、刀匠が鉄を鍛えるために槌を打ったあと、弟子が相槌を入れるための槌を打つ音が、ずれて響く様子を擬音化した言葉だったと言われています。

この音が揃っていないことから転じて、ちぐはぐな様子を意味するようになりました。さらには間抜けなことを表す言葉となったのです。

付け焼き刃

付け焼き刃とは、その場しのぎのための、にわか覚えの知識や技術のことです。

元々は、切れ味のよくない日本刀に付け足した鋼の焼き刃を指した言葉でした。

日本刀は、鍛錬された地鉄(じがね)と焼き入れによって、鋭い切れ味を持つようになります。丹念に鍛えられた日本刀は、切れ味が良いのはもちろん、長持ちです。しかし、鋼の焼き刃を付け足しただけの付け焼き刃は、すぐに切れなくなってしまいます。

これが転じて、すぐに使えなくなってしまうにわか覚えの知識や技術を意味する言葉となりました。

鎬を削る

101_鎬を削る

鎬を削る

鎬を削るとは、激しく争うことを意味する言葉です。

「鎬」(しのぎ)は、刃と棟の間の山状に高くなっている筋のこと。この筋が削れてしまうほど激しく日本刀を合わせて戦う様を表すようになりました。

これが転じて、日本刀を使用した戦い以外であっても、激しい戦いが繰り広げられていることの例えとしても使われるようになったのです。

丸腰

丸腰とは、武器を持たない状態であることを示す言葉です。

元々は、武士が通常、腰に帯びているはずの日本刀を帯びていない様子を表していました。「武士の魂」とも言われていた日本刀は、武士の象徴であったのと同時に、いざというときに使用する武器。

これが転じて、相手に対抗するための武器を持たないことを意味するようになったのです。この場合の武器は、人を殺傷するためのいわゆる「武器」に限らず、情報や知識など、相手に対する対抗手段も含まれています。

身から出た錆

101_身から出た錆

身から出た錆

身から出た錆とは、自分が犯した言動が原因となって、自分の身に災いが生じるという意味の言葉。

元々は、普段の手入れを怠ったことで生じた刀身の錆によって、から抜いて戦わなければいけないときに日本刀が役に立たなくなってしまったり(そのような場合には、当然ですが命を落としてしまうことにつながります…)、付着した錆が刀身自体をダメにしてしまったりすることを表していました。

これが転じて、自分の過ちや悪行が原因となって、不利益を被ったり、自分自身が苦しんだりすることを示すようになったのです。

日本刀由来のことわざを学ぶ

ここまでお読み頂いた皆様の中には、「日本刀由来のことわざがたくさんあるのは、よく分かった。でも、今からいろいろと調べたり、一から学習したりするのは面倒くさいなあ…」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におススメなのが、「刀剣ワールド」内にある「刀剣ことわざ集」。日本刀にまつわることわざを50音順にイラスト付きでまとめたコーナーで、ちょっと調べたいなというときや、隙間時間に読んで頂くのにピッタリです。

また、もっと気楽に学びたいという方のため、刀剣ワールドでは、漫画を読みながら学べてしまうコーナーもご用意しています。それが、刀剣マンガ「刀剣ことわざ4コマ漫画」

毎月、第1週と第3週に更新されているこのコーナーでは、4コマ漫画を通じて日本刀由来のことわざの意味と成り立ちを分かりやすく解説。楽しんでいるうちに、ことわざの知識まで習得できてしまうという、まさに「一粒で二度おいしい」コーナーです。

今回、この刀剣ブログを読んで頂いたのも何かの縁。これを機に、日本刀由来のことわざについての学習を始めてみませんか?刀剣ワールドは、皆さまの日本刀についての学びを応援しています!

刀剣マンガ(刀剣ことわざ4コマ漫画)
刀剣にまつわることわざを題材とした4コマ漫画をご紹介します。
刀剣ことわざ集
刀剣にまつわることわざをイラスト付きでご紹介します。
【関連サイト】
刀剣ワールド 刀剣マンガ(刀剣ことわざ4コマ漫画) 刀剣ことわざ集