130_ともいきの国 伊勢忍者キングダムの魅力や見どころ

「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」(旧伊勢安土桃山城下街)では、約400年前の街並みが再現されており、テーマパーク、観劇、体験、食事など、子どもから大人まで多くの楽しみ方ができる複合施設となっています。伊勢忍者キングダムの中でも歴女や刀剣ファンに向けたおすすめの施設「伊勢忍者キングダム 刀剣館」についてご紹介します。

※伊勢安土桃山城下街は、「伊勢忍者キングダム」に名称変更しています。

戦国時代が体験できる
「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」

ともいきの国 伊勢忍者キングダム」(旧伊勢安土桃山城下街)は、三重県伊勢市二見町にある安土桃山時代の文化体験をコンセプトとした歴史テーマパークです。

二見町は、人気観光スポットの夫婦岩がある二見興玉神社でも有名な町。伊勢神宮の内宮からは、車で15分ほどの距離にあり、伊勢二見鳥羽ラインの二見JCTを降りたすぐの場所です。

歴史をテーマにしたアミューズメント施設なので、歴女や刀剣ファンにおすすめの観光スポットとなっています。

伊勢観光巡りをするならぜひ訪れてみたい、ともいきの国 伊勢忍者キングダムを様々な視点からご紹介しましょう。

旅探では伊勢忍者キングダムをはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

旅探では二見興玉神社をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

旅探では伊勢神宮をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

忍者の基礎知識
忍者の成り立ちや歴史をはじめ、忍者が使用した手裏剣などの道具についてご紹介します。

伊勢忍者キングダムの歴史

伊勢忍者キングダムは、現在の姿となるまで名称や運営母体が何度か変わっています。伊勢忍者キングダムとなるまでの歴史をまずは振り返ってみましょう。

このテーマパークの始まりは、「伊勢戦国時代村」です。最初のオープンは、1993年(平成5年)のことでした。栃木県日光市にある日光江戸村が運営していた時代村グループのテーマパークとして開業したのです。

その後、2008年(平成20年)にグループから独立した法人となり、株式会社伊勢安土桃山文化村が発足。名称も昭和を代表する国民的コメディアンの助力のもと「ちょんまげワールド伊勢」へと変更して運営されます。

オープン後から、かなりの年月が経過して施設の老朽化が目立つようになり、来場者数も落ち込みを見せはじめた2016年(平成28年)に、運営母体が「共生バンクグループ」になりました。同年から共生バンクグループは施設全体の全面改修を開始し、既存の施設を活用しながら、美食街やアスレチック場などエンターテインメント性溢れる施設を新たに設置。

リニューアルが進むにつれ名称も変わり、2017年(平成29年)に「伊勢安土桃山城下街」、そして2019年には、ともいきの国 伊勢忍者キングダムとして再出発しています。

伊勢忍者キングダムの施設

魅力的な施設がたくさんある伊勢忍者キングダムですが、広い園内はいくつかのゾーンに分かれていて、エリアによってその楽しみ方も様々です。それぞれ詳しくご紹介していきましょう。

外観復元された安土城

130_伊勢忍者キングダム安土城

再現された安土城

伊勢忍者キングダムの施設の中でも、一際目を惹く建物が「再現された安土城」です。伊勢忍者キングダムの象徴であり、ランドマークタワーとして威容を示しています。

安土城は、織田信長が築いた居城で、天下布武を掲げて全国を統一しようとする時期に築城されました。総石垣で作られた近世城郭構造の先駆けであり、初めて石垣の上に天主を設けた世界初の木造高層建築物としても有名です。

派手好みであった織田信長らしく、豪壮かつ絢爛な城であったと伝わっています。

伊勢忍者キングダムにある安土城は、伊勢戦国時代村の開設当時に建てられた施設。残された資料をもとに、原寸大での再現を試みる意欲的なコンセプトに沿って造られました。

安土城は織田信長が討死した本能寺の変のあとに焼失してしまっているため、現在でもその正確な全容は解明されていません。

しかし、可能な限り忠実に再現しようとして作られているため、織田信長ファンの歴女であれば、一度は訪れてみたい建物です。

織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

旅探では安土城をはじめ、日本全国の城を検索できます!

城郭復元のプロフェッショナル

この安土城の設計案を手掛けたのは、日本の歴史建築に深い造詣を持っていた宮上茂隆(みやがみしげたか)氏。

宮上茂隆氏は、1998年(平成10年)に58歳の若さで逝去した建築史家です。東京大学工学部建築学科を経て、「薬師寺伽藍の研究」などに代表される研究成果が認められたことにより工学博士号を取得。卒業後は、「竹林舎建築研究所」を設立し、特に城郭建築史の第一人者として活躍した人物。竹林舎建築研究所での仕事として数々の著作を発表するかたわら、本格的な城郭復元にも挑みました。

代表的な作品となったのが、大阪城の本丸復元と、掛川城の天守復元設計です。大阪城は、1958年(昭和33年)から20年の歳月を費やし、掛川城は、1989年(平成元年)から5年をかけて完成させています。

安土城の復元は、晩年の時期に手掛けられたプロジェクトで、「安土日記」の別名もある「信長公記」や、「ルイス・フロイス日本史」を参考にして復元された建物です。

信長公記は織田信長の右筆であった太田牛一が残した書物で、第三者の観点から記された二次史料ではありますが、史料的な価値の高い書物と位置付けられています。ルイス・フロイスの日本史も、膨大かつ精細な記録が残されていて、当時の習俗を知るためには欠かすことのできない史料です。

これらの文献をもとにして、精細な研究が行なわれたうえで安土城は復元されました。建築工学的に高度な知識と、文化財としての史学的な知識を要求される城郭復元は非常に難易度が高く、手掛けることができる人材がとても限られてしまう専門分野です。

竹林舎建築研究所では、宮上茂隆氏が逝去したあともその遺志は受け継がれて、現在でも数々の城郭復元に携わっています。

刀剣や甲冑(鎧兜)を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

城ワールドでは掛川城をはじめ、日本全国の城を検索できます!

安土城内の展示

緻密な考証のもとに原寸大で再現された安土城ですが、外観ばかりではなく内部の展示も歴女や城郭ファンにとって魅力的なブースがたくさんあります。

特にハイライトとなるのが、織田信長の生涯に亘る重要な事件をジオラマで紹介している展示。5層7階のそれぞれの階で再現された、織田信長の生涯についての展示を詳しくご紹介します。

※2020年(令和2年)5月現在、内部リニューアル工事が行なわれていて、外観のみの見学体制となっています。また内部の案内情報も、リニューアル完成前、2020年(令和2年)5月時点での情報に基づいて作成されています。

1階 桶狭間の奇襲

桶狭間の戦いは、海道一の弓取りと言われていた今川義元を、尾張を統一したばかりの織田信長が討ち果たした合戦です。この戦いを契機として今川家が衰退したことにより、織田信長は後方を憂うことなく西上に集中することができました。

ここは、城内での入り口であるとともに、織田信長に起きた最初の大きな歴史的事件である桶狭間の合戦を鑑賞できる場所となっています。

今川義元のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

今川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

歴史上の人物が活躍した桶狭間の戦いをご紹介!

武将達が戦った桶狭間の戦いの古戦場をご紹介!

2階 美濃平定 稲葉山城の攻防

織田信長が天下統一への足掛かりとした地が美濃です。

斎藤道三を義父としていた織田信長でしたが、斎藤道三が嫡男の斎藤義龍に討たれたことで、本格的に美濃への侵攻を開始。

美濃の斎藤家の本拠地となっていた稲葉山城を奪取して、岐阜城と名称を改めました。

この階では、織田信長が稲葉山城を攻略するまでの流れを展示しています。

斎藤道三のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

斎藤家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

刀剣や甲冑(鎧兜)を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

3階 小谷城の攻防

徐々に勢力を拡大し上洛を果たした織田信長でしたが、その勢いが近隣諸国の警戒心へとつながり、第一次織田包囲網が形成されました。

近江の浅井家は、織田信長の妹であるお市の方が嫁いでいたため縁戚関係にありましたが、越前の朝倉家との繋がりを重視して織田家と対立することになります。

3階にはお市の方と娘の3姉妹のマネキンを展示。浅井家滅亡に至った小谷城の攻防を表現しています。

浅井家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

朝倉家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

織田家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などをご紹介します。

城ワールドでは小谷城をはじめ、日本全国の城を検索できます!

4階 本能寺炎上

天下統一を目前にした織田信長が最期を迎えた本能寺の変。家臣の明智光秀に攻め込まれ討死となった歴史的にも有名な事件です。4階では、明智勢に攻め込まれて僅かな手勢のみで応戦した様子を展示。織田信長自らが弓を取って戦闘するシーンが再現されています。

明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

5階 バテレンとの会談

先進的な思想や技術を好んだ織田信長は、西欧文化にも大きな関心を示していました。

バテレンと呼ばれたキリスト教宣教師とも積極的に交流を図り、アフリカ系モザンビーク出身と伝えられる弥助という人物を武士身分に取り立ててもいます。

5階では織田信長が、地球儀を囲んで西欧人と会談している様子を表現。織田信長の生涯を辿った展示はこの階で終了となります。

6階 天守展望台

安土城の6階は展望台となっていて、外の景色を眺めることができます。山上に建てられているので、展望台からの眺望は抜群。眼下に伊勢市の街並みや、伊勢湾を見渡すことができます。

海が近く平野部が続いているため、北西・北東方向には遮る物がほとんどなく開放的な景観を心ゆくまで楽しむことができるスポットです。

7階 黄金の間

目に鮮やかな金色の基調が眩い黄金の間。彩色豊かで華やかな彩りが好まれた安土桃山文化の装飾が再現されている部屋です。

派手な装飾を好んでいた織田信長の気質が再現されて、至るところに金箔が貼りめぐらされています。

織田信長ファンの歴女であれば、織田信長が暮らした安土城の様子を一度は見てみたいのではないでしょうか。

多彩なアミューズメントエリア

リニューアルされた伊勢忍者キングダムには、様々な楽しみ方があります。歴史・文化に触れることができるエリアから、ランチ・ディナーやショッピングができるゾーンまで色々な場所に分かれているのでご紹介しましょう。

【美食の城下街 】

伊勢は伝統的に親しまれている郷土料理から、熊野産の地鶏や松阪牛などの特産品が揃って、グルメの旅が楽しい地方です。

伊勢忍者キングダムの美食街では、伊勢うどんやてこね寿司を味わうことができる「伊勢名物食事処」や、伊勢湾の海産物を活かした炭火海鮮焼き合戦大食事処など定番の伊勢グルメはもちろん、甘味処やスイーツもラインナップされているので、歴女の方も楽しむことができます。

【芝居の城下街】

テーマパークの楽しみと言えば、おもてなしの心を持って出迎えてくれるキャストによるエンターテインメントショー。

伊勢忍者キングダムでは、時代劇や花魁芝居などの笑いと感動溢れるショーから、躍動感いっぱいで迫力満点の忍者ショーまで多彩な演目が上演されています。

【温泉の城下街】

伊勢忍者キングダムの広い園内をめいっぱい楽しんだあとは、「伊勢天然温泉 安土城下の湯」で1日の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

こちらの温泉では、安土城を眺めることができる開放感のある露天風呂が最高。湯治を目的に作られた本格的な天然温泉ということもあり、有機泥炭素風呂、高濃度炭酸水素イオン泉で体をゆったりとほぐすこともできます。

なかでもここの温泉ならではというのが、ユニークなバナナ葉湯。共生バンクグループ内でバナナ栽培に取り組むなど、こだわりの国産無農薬バナナを使用した温泉で、バナナ葉の成分が体に良いという研究もあることから取り入れられました。

園内を楽しんだあとは、こちらのエリアに立ち寄って、ゆっくりと温泉を楽しんでみましょう。

【遊びの城下街】

伊勢忍者キングダムでしかできないことを体験できるのが、「城下のとば処」。時代劇でお馴染みの丁半で争うゲームを実際に疑似体験することがでます。

他にもファミリーに向けて、凧揚げや竹馬などの懐かしい遊びを体験することも可能。本格的なゲームで遊んで、歴史の雰囲気を堪能することができるエリアです。

【コスプレの城下街】

安土桃山時代の文化や歴史を実際に体感できる伊勢忍者キングダム。まるでタイムスリップしたかのような感覚で楽しむことができる施設ですが、もっと雰囲気を楽しむのであれば、コスプレがおすすめ。

忍者の忍び装束はもちろん、華やかな着物や甲冑をまとった武者姿まで、様々な衣装を選ぶことができます。

【ミュージアムの城下街】

日本刀を作るのに欠かすことができないのが、玉鋼(たまはがね)。日本刀公開鍛錬所では、玉鋼から日本刀を作り上げるまでの過程を公開しています。

迫力ある鍛刀のシーンや刀剣館での現代刀の展示など、刀剣ファンにとっては見逃すことのできないものばかり。刀剣ファンの方はぜひミュージアムゾーンに足を運んでみましょう。

【祭りの城下街】

伊勢忍者キングダムでは、日本の伝統文化を支えるお祭りを通年で開催しています。活気あふれるイベント会場では、四季折々の様々な催しを見学可能。

夏の水かけソーランや城下の秋祭りなど魅力的なイベントが企画されているのでチェックしてみましょう。

【忍者・サムライの城下街】

海外からも注目を集める「サムライ」の武道。ここには、日本で培われてきた古武道を実際に体験することができる道場「武徳館」があります。

様々な武道の師範から、日本のサムライ魂を学ぶことができるこの施設。他にも、忍者からくり迷路や、忍者まなび処など忍者に関する体験もできますので、日本の武術に興味のある方は体験してみてはいかがでしょうか。

【買物の城下街】

伊勢忍者キングダムを訪れた思い出を残すためにも、記念となる品を買っておきたいのではないでしょうか。

こちらには数々の伊勢土産や、オリジナル商品が並ぶショッピングスポットがあるのですが、なかでも要注目となるのが、革製品のオリジナルブランドとなるAMATELUZ。MADE IN JAPAN品質を基準に、最高級の丁寧な仕上がりを目指して起ち上げられたブランドです。

同じショップコンセプトのもと、三重県の特産品である真珠を使ったジュエリーの取り扱いもありますので、歴女の方は思い出となるような品を探してみて下さい。

伊勢忍者キングダム 刀剣館とはどんな施設?

伊勢忍者キングダム 刀剣館について、その魅力をご紹介します。

伊勢忍者キングダム 刀剣館とは

130_伊勢忍者キングダム刀剣館

伊勢忍者キングダム 刀剣館

「伊勢忍者キングダム 刀剣館」は、伊勢忍者キングダム内にある遊びゾーンにあります。

周囲には大忍者劇場や、日本刀公開鍛錬所などがあり、戦国時代のシチュエーションで楽しめるアクティビティが集結。その中のひとつである刀剣館では、現代刀の展示を行なっており、展示されている刀剣には、一見の価値ある刀剣ばかり。

旭日双光章を授賞した現代刀匠界屈指の名工による作品や展覧会で何度も受賞し刀剣界のホープとも言われている刀匠の作品や、熊本県の名門赤松一門に属している刀匠の作品、東京都無形文化財に指定された作品を持ち映画などでは刀鍛冶としての監修出演も行なう刀匠の作品など、刀剣館でしか観ることのできない貴重な刀匠の刀剣が展示されています

伊勢忍者キングダム 刀剣館の魅力

刀剣館の魅力はなんと言っても、本物の刀剣を間近で観られること。それぞれの刀剣の前には、刀匠と刀剣の紹介を書いたパネルが掲出されているため、美術工芸品として洗練された技術を感じるとともに、刀剣と刀匠の知識も深めることができます。

また刀剣館近くの鋼鍛造処では、実際に刀匠がペーパーナイフや中世騎士ナイフのレプリカを鍛えている姿(鍛造)を見学できます。

この鋼鍛造処はデモンストレーションではなく、実際の鍛造を行なう場所。そのため、火床から立ち昇る炎の温度や、向こう鎚(むこうづち)の共鳴する音や発する火花など、なかなか味わうことができない迫力ある様子をライブで体感できます。刀匠が丹精込めて鍛造している姿を見守ることができる貴重なスポット。

鋼鍛造処での見学や体験は、毎週土曜日と日曜日に無料で開催。刀剣館と合わせて訪れておきたい場所のひとつと言えるでしょう。

伊勢忍者キングダム 刀剣館の見どころ紹介

伊勢忍者キングダムのおすすめスポット、幽玄の美 刀剣館の見どころをご紹介します。

7振の現代刀の展示

刀剣館では7振の現代刀を展示しており、ひとつひとつの細部までじっくり観ることができます。

現代刀とは、1876年(明治9年)3月の廃刀令以降に制作された日本刀のこと。現在活動されている刀鍛冶の方が鍛えた日本刀のことで、現代技術を持って制作された美術工芸品です。

その作風は刀匠によって様々で、刀匠界の名工と言われる刀匠の作品から、伝統を重んじつつも自分なりの直感で作り上げる新進気鋭な刀匠の作品などが一室に会しています。刀匠それぞれの個性が表現されている作品をじっくりと観てみましょう。

制作された刀匠自身の紹介とともに作品の解説もありますので、制作背景なども併せて楽しめます。

気に入れば購入も可能

刀剣好きなら、ついつい自分の日本刀を持ちたいなんて考えてしまうことがありますよね。通常の博物館や美術館に展示されている日本刀は当然ながら購入はできませんが、伊勢忍者キングダムの刀剣館なら、刀剣の購入が可能なのです。

刀剣館で購入できる日本刀は、現代刀の刀匠が丹精込めて作り上げた新作が中心。伝統ある刀工「月山」(がっさん)や「吉原」(よしはら)の作品など、どれも注目度の高い品ばかりです。日本刀を所持するのに免許や資格は必要ありませんが、登録証は必要です。武器として扱われず、美術品や骨董品としての価値が認められ、それぞれに値段が付けられています。

丹精込めて鍛えられている日本刀ですので決して安い金額ではなく、数百万円する品がほとんど。購入も視野に入れて鑑賞してみるのもひとつの楽しみ方としておすすめです。

伊勢忍者キングダム 刀剣館近くのおすすめ飲食店

130_伊勢忍者キングダム近くの飲食店

伊勢忍者キングダムに行くならぜひ寄りたい、おすすめ飲食店をご紹介します。

伊勢二見 家庭料理 扇屋

伊勢二見 家庭料理 扇屋」(いせふたみ かていりょうり おうぎや)では、伊勢志摩の新鮮な魚介を使った家庭料理を提供しています。木造旅館の古材を活かした落ち着いた佇まいと、和洋折衷のモダンな雰囲気の店内で、伊勢海老や牡蠣のフライ、松坂牛入りハンバーグなどの人気料理を楽しめます。国道沿いの店舗のため駐車場も多く、車でのアクセスもしやすい立地です。

多市屋

多市屋」(たいちや)は明治10年創業と、150年以上の歴史を持つ老舗の食堂です。長年愛されているお店で、数々の有名人の色紙が飾られています。

鳥羽志摩産の新鮮なサザエを使った貝めしと、伊勢うどんを一度に楽しめるセットメニューが人気の定番商品です。

伊勢忍者キングダム 刀剣館近くのおすすめ宿泊施設(ホテル)

130_伊勢忍者キングダム近くのホテル

伊勢忍者キングダムはもちろん、伊勢志摩を堪能できる宿泊施設(ホテル)をご紹介します。

大石屋

大石屋」は、全室でオーシャンビューを楽しめる和風旅館です。縁結びでおなじみの夫婦岩まで徒歩約3分の好立地のため、時間の移りにより刻一刻と変わる風景を心ゆくまで楽しめます。

また、料理も伊勢志摩の地物にこだわり、味と鮮度の良い厳選素材を堪能できるなど、和のやすらぎや日本ならではの楽しみを求める方に最適な宿泊施設です。

日本の旅行施設「大石屋」についてご紹介します。

天然温泉やわらの湯民宿まるや

天然温泉やわらの湯民宿まるや」は、伊勢で唯一の天然温泉が楽しめる民宿です。

天然温泉の他に、貸し切りで楽しめる露天風呂もあり、ゆったりと入浴を楽しみたい方におすすめの宿泊施設。お食事も伊勢志摩の新鮮な山海の幸を堪能できます。

日本の旅行施設「天然温泉やわらの湯民宿まるや」についてご紹介します。

伊勢忍者キングダム 刀剣館近くのおすすめ観光スポット

130_伊勢忍者キングダム_近くの観光施設

伊勢忍者キングダムと一緒に楽しめる、近くのおすすめ観光スポットをご紹介します。

伊勢夫婦岩ふれあい水族館 伊勢シーパラダイス

伊勢シーパラダイス」は、トドやアザラシ、セイウチなど、海獣が人気の水族館です。特に、様々な海獣達と直接ふれあえるイベントが毎日開催されており、観覧以外の楽しみ方ができる点が、他の水族館と一線を画しています。

2020年に新エリアをオープンするなど、来館者に常に新しい感動を提供しています。

旅探では伊勢シーパラダイスをはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

尾崎咢堂記念館

尾崎咢堂記念館」(おざきがくどうきねんかん)は、「憲政の神様」、「議会政治の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂は号)の記念館です。

尾崎咢堂は、議会政治の黎明期から戦後まで、衆議院議員として日本の政治に貢献してきました。記念館では、写真、遺筆、遺品などを収蔵・展示している他、プロジェクター映像にて尾崎咢堂の生涯を紹介しています。

また、施設内には会議室も備えており、様々な用途での利用が可能です。

旅探では尾崎咢堂記念館をはじめ、日本全国の観光名所を検索できます!

まとめ

伊勢志摩には山も海もあり、伊勢忍者キングダムのようなテーマパークも楽しめ、さらには刀剣館のような歴史的文化にも触れられる、1日では満喫しきれないほどの魅力が詰まっています。

旅行先に迷っているなら、ぜひ三重県を検討されてみてはいかがでしょうか。あらゆる面で満足できること間違いなしです!

【関連サイト】
織田信長 今川義元 斎藤道三 忍者 ともいきの国 伊勢忍者キングダム 伊勢二見 家庭料理 扇屋 多市屋 大石屋 天然温泉やわらの湯民宿まるや 伊勢シーパラダイス 尾崎咢堂記念館
戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。
刀剣ワールド城
日本全国のお城や城跡を検索できる国内最大級の情報サイト。
旅探
日本全国の観光名所を検索できます。
旅探「全国の神社・寺・教会」
旅探で日本全国の神社・寺・教会を簡単検索!
クックドア
飲食店をお探しなら「クックドア」で検索!
ホテバンク
日本全国の宿泊施設を検索できる情報サイト