115_岩国美術館

山口県岩国市にある岩国城の麓、ロープウェイ乗り場のすぐ隣に柏原美術館(旧:岩国美術館)があります。刀剣や甲冑などの古武具を中心に展示しており、刀剣ファンや歴女は必見です。他にも、武家の生活を彩った芸術品なども展示してあり、歴女や戦国時代ファンにはたまらない美術館となっています。

また周辺の岩国城下町にも、歴女が楽しむことができるスポットがたくさんありますので、ランチスポットや周辺の歴史名所をそれぞれご紹介しましょう。

柏原美術館とは?

日本でも数少ない古武具を中心に展示している「柏原美術館」(山口県岩国市)。歴女や刀剣ファンに向けて、柏原美術館の魅力や施設情報をご紹介します。

「柏原美術館」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。
「山口県」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。
「岩国市」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

柏原美術館の魅力

柏原美術館の最大の魅力は、「武家」に焦点をあてているということです。

四季折々でテーマを変えて展示されている武家の生活を彩っていた芸術作品や、様々な文化を紹介している展示はどれも興味深い物ばかり。

特に常設展示の中では、「生死の文化」として展示している甲冑などの武具類が必見です。実際に使用されていた武具類を武士の生き様と共に紹介することで、武士の精神性も感じることができるので、歴女必見の施設となっています。

柏原美術館の見どころをご紹介!

武家に焦点をあてて展示している柏原美術館は、刀剣が多く展示されていますが、その中でも特にチェックしておくべき見どころを歴女の方に向けて3つご紹介しましょう。

力強い金筋の短刀 清麿

一般的に刀剣と言うと、太刀打刀などといった長い刀をイメージされる方が多いのではないでしょうか。しかし刀剣ファンであればそういった長い刀とは、また違った魅力を持っている短刀のこともチェックしておきたいところでもあります。

柏原美術館で展示されている「清麿」は、江戸時代に作刀された短刀で、1975年(昭和50年)に、国の重要刀剣に指定されました。

不規則性を持った刃文が特徴的で、均一性がないからこその美しさを放っています。短刀でありながら身幅が少し広めということもあり、どっしりとした印象を受けるのも特徴のひとつ。

柏原美術館に所蔵されているこの短刀は、清麿作の中でも名品という評価を受けています。作刀技術において天才と謳われ、「四谷正宗」と称されるほどの腕を持っていた清麿らしさが良く表れているこの作。

その地刃の明るさからは、引き込まれるような力強さを感じとることができるでしょう。刀剣ファンであれば、一度は観ておきたい短刀の名品です。

名刀 虎徹の美しさ

近藤勇が故郷へ送った書状において、壮絶な死闘となった池田屋事件で使用しても刃こぼれがなかったことから、その強靭さを書き記したことでも有名な刀剣が「虎徹」です。

柏原美術館でも、初代長曽祢興里の作となる虎徹の中の1振を展示。やや短めの刀身は武骨さを感じさせながらも美しく、300年以上前に作刀されたとは思えないほどの輝きを放っています。

年に1~2回手入れされているとは言え、これだけの時を経てもなお人々を魅了する虎徹を目にすれば、虎徹が古来より名刀と言われ続けているのも納得できるのではないでしょうか。

刀工「長曽祢虎徹」の情報と、作刀した刀剣をご紹介します。

芸術性の高い割蛤張懸兜

柏原美術館にある「割蛤張懸兜」(わりはまぐりはりかけかぶと)は、安土桃山時代に作られた兜で、変わった形の武具としてメディアにも取り上げられたこともあります。

ハマグリの貝殻を左右にあしらった形のこの兜は、口を開くことが難しいハマグリにあやかって「口を割らない」という意味が込められているのだそうです。さらに、口のかたいハマグリを敵になぞらえて、「難攻不落の城であっても割り進んでみせる」という意味もあるとも言われています。

武将としての存在感を演出しつつ、信条を武具に込めるという武士の矜持を感じられるでしょう。

このハマグリの貝殻の内側部分は金箔押しの細工が施されており、黒と金という配色のコントラストや、ハマグリの曲線美が芸術性を醸し出しています。一見すると特異な形状ですが、観るほどにそのシンプルながらも高い芸術性が感じられる兜です。

旧来の戦法を変えた火縄銃

115_火縄銃
火縄銃

1543年(天文12年)に、種子島に漂着したポルトガル人から2丁買い取ったことから日本に広まった火縄銃は、当時の戦いにおいて戦況を一気に変えることのできる画期的な武具でした。

名乗り出て一騎打ちを行うなどといった旧来の戦法を一変させ、新たな戦い方を生み出した武具でもあります。

そんな日本全国に広まった火縄銃は、広まるにつれて改良が施され、年代によって様式が少しずつ異なっているのが特徴。柏原美術館では戦国時代に作られた火縄銃を各種展示しており、火縄銃の変遷を辿ることができます。

戦国時代の戦を一変させた歴史を語るうえで不可欠な存在であり、外来の文化を取り入れて、さらに改良をするといった日本人特有の技術力の高さをうかがい知ることのできる火縄銃は、歴女の方にはたまらない武具。細かい部分の違いに注目しながら、戦国時代に思いを馳せて鑑賞してみると良いでしょう。

火縄銃の伝来や構造、他の鉄砲との違いなどをご紹介します。

火縄銃・短銃・大筒・和製西洋式銃写真
生産地や流派によって様々な個性を持つ火縄銃・大筒をご覧頂けます。

刀剣以外に甲冑なども豊富に展示

柏原美術館は、日本でも数少ない古武具を中心に展示している美術館です。刀剣以外に甲冑などの武具類も数多く展示しています。

戦国時代から幕末までの武士達が所有していた武具類が中心ですが、なかには鎌倉時代の甲冑など、戦国時代よりも前の時代の物もあります。

甲冑の他にも、馬具や火縄銃など、時代と共に移り変わっていく武具の変遷と芸術性を感じられるのは、柏原美術館ならではの特徴です。

刀剣・日本刀に関する企画展示を開催

柏原美術館では年に4回展示替えを行っていますが、それとは別に刀剣に関する企画展示も多く開催しています。

特定の刀剣に絞った展示もあれば、刀装具にフォーカスをあてた展示など、種類は様々で、刀剣の魅力を再確認することができます。

年3~4回開催されているので、定期的にサイトをチェックしておくのがおすすめです。

柏原美術館近くのおすすめ飲食店

115_岩国美術館近くの飲食店

岩国城にも近く、風情ある城下町となっている柏原美術館の近辺でお茶やお食事を楽しめるスポットをご紹介します。

光風堂

古民家を改装してできている「光風堂」(こうふうどう)は、木の温もりが感じられる落ち着く雰囲気のカフェ。天気の良い日には店外に座ることも可能なので、開放感もたっぷりです。

店内の1室では陶芸品や工芸品も販売されており、おしゃれなアートも感じられます。

「光風堂」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

佐々木屋小次郎商店

1995年(平成7年)創業の「佐々木屋小次郎商店」は、ソフトクリームが有名なお店です。

たくさんの種類があるソフトクリームのなかには、これまで味わったことのないような味もあるので、メニューを見ているだけでも楽しめるでしょう。

「佐々木屋小次郎商店」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

瀧川

創業120年以上を誇る「瀧川」(たきがわ)は、昔から地元の人々に愛されてきたお店です。

会席料理はもちろん、四季折々の郷土料理は目でも舌でも楽しめます。予約時に好みなどを伝えておけばそれを反映してくれるなど、おもてなしの素晴らしいところもポイントが高いです。

「瀧川」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

柏原美術館近くのおすすめ宿泊施設(ホテル)

115_岩国美術館近くの宿泊施設

旅行や観光の際に便利な、柏原美術館近くのおすすめ宿泊施設(ホテル)をご紹介します。

末岡旅館

レトロな雰囲気漂う「末岡旅館」(まつおかりょかん)は、錦帯橋が目の前という好立地の旅館です。

価格がリーズナブルなので、長期滞在やできるだけ宿泊代を抑えたいという方にぴったりで、川沿いの客室からは錦帯橋を臨むことができます。

「末岡旅館」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

岩国国際観光ホテル開花亭

広々としたお部屋でゆっくりくつろぎたい、という方におすすめなのが「岩国国際観光ホテル開花亭」です。すべての部屋が10畳以上あるので、荷物を大きく広げることもできます。

岩国や山陰の食材を使った懐石料理もおいしいと評判なので、ぜひ味わってみると良いでしょう。

「岩国国際観光ホテル開花亭」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

白為旅館

錦帯橋をすぐ目の前に臨む「白為旅館」(しらためりょかん)は、景色はもちろん食にもこだわった割烹旅館です。

天然素材にこだわった会席料理の夕食や、絶品だと評判の手作りざる豆腐が食べられる朝食など、日本の趣を感じる「食」を楽しむことができます。ただ「泊まる」のみで終わらないところが魅力でしょう。

「白為旅館」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

柏原美術館と一緒に楽しみたいおすすめ観光スポット

115_岩国美術館近くの観光施設

柏原美術館と一緒に回りたい、おすすめの観光スポットをご紹介します。

吉香神社

1884年(明治17年)に建立された「吉香神社」(きっこうじんじゃ)は、旧岩国藩主である吉川家の祖霊を祀った神社です。

風格のある社殿や、境内には鯉や亀が泳いでいる池があり、心落ち着く空間にもなっています。神社近くの吉香公園内には藤棚や牡丹園があり、四季折々の花々が楽しめるのも魅力です。

「吉香神社」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

吉川史料館

旧岩国藩主吉川家の様々な史料を展示している「吉川史料館
(きっかわしりょうかん)は、歴女であれば必見の史料館。定期的に展示テーマが変わるので、何度訪れても楽しめるのが魅力です。

無料で参加できるギャラリートークもあるので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

「吉川史料館」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

洞泉寺

旧岩国藩主吉川家の墓所がある「洞泉寺」(とうせんじ)。梅が美しいことで有名なお寺です。2月末~3月中旬の梅の咲く時期には、多くの観光客で賑わっています。

特に樹齢300年を超える「臥龍梅」(がりゅうばい)の姿は圧巻で、枝垂れ梅らしい儚さと優美さが、お寺の雰囲気と相まって趣のある風景が楽しめます。

「洞泉寺」の施設情報や口コミ、投稿写真、投稿動画をご紹介します。

まとめ

武家に焦点をあて、武具を中心に展示している柏原美術館は、戦国時代好きの歴女必見の美術館。甲冑などはもちろん、名刀を含む数多くの刀剣が展示されています。

また、年に3~4回開催される企画展示も、刀剣に関するものが多いのが特徴です。年に4回展示替えもされるので、何度足を運んでも新鮮な気持ちで楽しめるのが魅力となっています。

周囲には岩国城下町として、江戸時代の旧岩国藩主である吉川家にまつわる観光スポットが多数あるので、歴女の方におすすめです。ぜひ岩国への歴史旅行を計画してみて下さい。

【関連サイト】
長曽祢虎徹 柏原美術館 光風堂 佐々木屋小次郎商店 瀧川 末岡旅館 岩国国際観光ホテル開花亭 白為旅館 吉香神社 吉川史料館 洞泉寺
旅探「全国の神社・寺・教会」
旅探で日本全国の神社・寺・教会を簡単検索!
旅探 博物館・美術館
日本全国の博物館・美術館を検索できます。
クックドア
飲食店をお探しなら「クックドア」で検索!
ホテバンク
日本全国の宿泊施設を検索できる情報サイト