細川忠興_サム

武将達は、戦乱の世を生き抜くために武術だけではなく、算術・医術・包丁(料理)・茶の湯を学ぶことが一般的であった戦国時代。「千利休」を師と仰ぎ、のちに「利休七哲」に名を連ねた「細川忠興」(ほそかわただおき)は、文武両道を究めた武将として有名です。また、妻「細川ガラシャ」との関係性や天下一気が短いと言われた性格についての逸話も多く残されています。戦国時代を持ち前の政治手腕で渡り歩き、細川家を繁栄させた名将・細川忠興の生涯に迫っていきましょう。

人生の大きな転機となった本能寺の変

細川忠興」(ほそかわただおき)は、1563年(永禄6年)11月13日、父・「細川藤孝」(ほそかわふじたか)の長男として生まれました。

細川家は代々足利将軍家に仕える幕臣でしたが、1565年(永禄8年)に起った「永禄の変」では、主である室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)が殺害されてしまいます。

その後、盟友「明智光秀」らと足利義輝の弟「足利義昭」(あしかがよしあき)を15代将軍にするために全国各地の有名大名に支援を求める最中、「織田信長」との出会いがありました。のちに足利義昭と織田信長が対立したことをきっかけに、父・細川藤孝は織田信長の傘下に入ったのです。

また細川忠興も織田信長の嫡男「織田信忠」(おだのぶただ)に仕え、織田信長の傘下に入ります。1579年(天正7年)には、織田軍の主である織田信長の薦めで明智光秀の娘「玉(珠)」(のちの細川ガラシャ)と結婚。政略結婚ではありましたが、細川忠興の妻への愛情は深かったと言われています。

翌年には長女の「ちょう」、その翌年には長男「細川忠隆」(ほそかわただたか)も生まれ、順風満帆な結婚生活を送っていたところ、義父である明智光秀が「本能寺の変」を起こすのです。

63_本能寺の変(下々の者の喧嘩?)
本能寺の変

明智光秀は、盟友でもあり婚姻関係にもあった細川藤孝と細川忠興に「味方になって欲しい」と書状を送ったのですが、結果的には両名とも断っています。

さらに、細川忠興は妻・細川ガラシャを丹後国味土野(みどのめ)(現在の京都府京丹後市弥栄町付近)の山中に幽閉することで、細川家と明智家の関係を疑われないようにしました。

この事件をきっかけに細川藤孝から家督を譲り受けた細川忠興は、騒動後も順調に勢力を伸ばし続け、織田信長亡きあとは「豊臣秀吉」に仕えて、「小田原攻め」や九州平定など、数多くの戦に参加して武功を挙げています。

細川忠興のエピソードや関係する人物、戦い(合戦)をご紹介します。
細川ガラシャの活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

天下分け目の戦いで勝利!細川家を存続させた政治手腕

1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が没すると、「徳川家康」と「石田三成」が後継者争いを始めます。細川忠興は徳川家康を支持することをいち早く表明。このとき大坂城内に居た妻・細川ガラシャは、石田三成に人質として狙われたため、自害する道を選びました。

また、父・細川藤孝も襲撃を受けましたが、文化人としての評価が高い人物であったことから、朝廷や天皇の計らいで危機を脱しています。

細川忠興が率いた細川隊は、「関ヶ原の戦い」で西軍・石田三成の本隊と戦い、136もの首級を挙げ、東軍の勝利に貢献しました。この功績が評価され、丹後国から豊前国小倉藩(ぶぜんのくにこくらはん:現在の福岡県北九州市)に国替えとなり、細川忠興は豊後と合わせて約39万石の大名となったのです。

その後、1620年(元和6年)に三男「細川忠利」(ほそかわただとし)に家督を譲り、隠居して出家。1646年(正保3年)、82歳で亡くなりました。

多くの戦に巻き込まれ、時代の変わり目では「だれの家臣になるのか?」という選択を迫られ続けた細川忠興は、迷うことなく織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と、天下人と呼ばれる人達を主君として選び仕えています。

この決断力と時代を読む力こそ、浮き沈みの激しい「戦国時代」において、細川家を存続させた細川忠興最大の強みだったのです。

歴史上の人物が活躍した関ヶ原の戦いをご紹介!
武将達が戦った関ヶ原の戦いの古戦場をご紹介!
合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
岐阜関ケ原古戦場記念館
「岐阜関ケ原古戦場記念館」の体験コーナーや展示内容など、施設の魅力をご紹介します。

武将としてのたしなみ「茶の道」を究めた文化人

戦国時代に武士達の間で大流行した茶の湯は、室町時代に「村田珠光」(むらたじゅこう)が確立したと言われています。戦国武将達にとって、茶道は戦いの場で疲弊した心を休めるために欠かせない癒しでした。

また、茶会は名のある大名達との交流の場であり、話し合いを持つ場としても大変意味があったのです。

「古今和歌集」(古今集)の解釈などを師から弟子に秘伝として伝える「古今伝授」(こきんでんじゅ)を武将で初めて受けたのは、歌人としても有名な父・細川藤孝。

そんな父と同様に、細川忠興も文化人として名を残しました。和歌や能楽、絵画にも精通していましたが、なかでも「千利休」を師と仰ぎ、茶の湯を究めるべく精進を重ねます。

そして、細川忠興を含む千利休の弟子の中でも特に優秀な7人は、後世に「利休七哲」と呼ばれるようになりました。

千利休に大変かわいがられた細川忠興は、千利休が豊臣秀吉の逆鱗に触れて京を追放されることになったときも、「古田織部」(ふるたおりべ)と共に見送りに行ったという話が残されています。

父・細川藤孝は歌人として、細川忠興は茶人として戦国屈指の実力を持っていたため、豊臣秀吉が開く茶会や歌詠みの場に参加しては数々の有力者と交流を持ち、人脈を広げていきました。

千利休の生い立ちや人物像、実力者の実績などの詳細をご紹介します。

実は短気で有名だった?細川忠興のシビアな性格

細川忠興は非常に優秀な人物でしたが、その一方でとにかく気が短かったとも言われています。ささいなことで手討ちにすることでも有名で、こんな話が伝えられてきました。

隠居した細川忠興は、あるとき家臣の出来の悪さに腹を立て、36人もの家臣の首をはねました。その数が和歌の名人の総称「三十六歌仙」と同じだったため、家臣の首をはねた愛刀に「歌仙兼定」と名付けたのです。

142_歌仙兼定
歌仙兼定

他にも妻・細川ガラシャに見とれていたと庭師の首をはねたり、息子達に離縁や切腹を命じたりと残酷な一面があったという逸話が残っています。その反面、戦上手で忠義を大切にしていたと伝える逸話も残っており、二面性のある性格でした。

唯一の欠点である短気さは、愛刀・歌仙兼定の命名が隠居後の話だったことからも分かるように、残念ながら晩年まで変わることはなかったのです。

文武両道を究めた細川忠興

細川忠興が駆け抜けた戦国時代は、裏切りが当たり前の時代でもありました。細川家は足利将軍家に仕えながらも、より強い武将に付くことで家を存続させてきたのです。

最愛の妻・細川ガラシャの実父である明智光秀が起こした本能寺の変により逆臣のレッテルが貼られるピンチには妻を幽閉し、さらには明智光秀からの誘いを断ることで乗り切りました。その決断があってこそ、細川忠興は多くの武功を挙げ、39万石の大名となったのです。

また、若い頃から千利休を師として茶の道を究めるために精進を重ねました。そして、特に優秀な弟子達が名を連ねる利休七哲のひとりとして、茶人としても名を残しています。

多くの武将が文武両道を目指していた戦国時代において、細川忠興はまさに武術と文化の両方を究めた、戦国武将としてふさわしい人物でした。

【関連サイト】
細川忠興 織田信長 明智光秀 足利義輝 豊臣秀吉 徳川家康 石田三成 細川ガラシャ 千利休