日本刀の種類とその違いとは?

刀剣・日本刀は、日本国内で作られた刀剣類の総称です。形や大きさ、長さによって、刀剣・日本刀はいくつかの種類に分けられます。
刀剣・日本刀って、一体何種類くらいあると思いますか?
こちらでは、刀剣・日本刀の種類とその違いについて調べてみました!
また、刀剣・日本刀の種類である、太刀と打刀、脇指と短刀の違いもご紹介します。

日本刀の種類である「太刀」と「打刀」の違いとは?

最初の日本刀は?

刀剣・日本刀と言えば、グイッと反りがあるところがかっこよくて魅力的ですが、最初の反り上がった刀剣・日本刀が作られたのは、いつ頃かご存知でしょうか?

最初に作られたのは、平安時代中頃と言われています。

「平安時代」と言えば、貴族が蹴鞠(けまり)など優雅に行なっているイメージが強いですが、武士(源平)がグイグイ勢力を伸ばしてきたのもこの時代なんですよね。

最初の刀剣・日本刀は「太刀」(たち)でした。太刀というのは、基本的に馬に乗るときのための刀剣・日本刀です。

太刀の特徴は、馬の上で鞘(さや)から刀剣・日本刀が簡単に抜けないように、反って湾曲した方、つまり刃の方を下向きにぶら下げるように身に付けることなんですね。

なので、美術館などでは、太刀の刃を下向きに展示しています。

太刀の飾り方

太刀の飾り方

打刀の登場

さて、時代は進んで戦国時代。もうこの時代は、来る日も来る日も合戦ばかりでした。

平安時代とは、だいぶ戦い方も変わりました。歩兵が刀剣・日本刀を持つようになりますが、太刀は徒歩で持つには向いていません

そこで、「打刀」(うちがたな) が登場します。今では「刀」と言えば打刀のことです。太刀とは逆に、打刀は、刃を上にして腰に差して身に付けます 。時代劇などで、江戸時代に武士が腰に差しているのは打刀です。打刀は抜きざまの一撃で、サッと斬ることができるので「大変便利だ!」と大人気になりました。

太刀とは逆に、美術館などでは、刃を上向きに展示しています。

打刀の飾り方

打刀の飾り方

日本刀の種類が違う?「脇指」と「短刀」とは?

脇指も短刀も短い日本刀!

刀剣・日本刀と言えば、武士が腰に差した長い打刀が目に浮かびますよね。

でも、刀剣・日本刀って、長い物だけじゃないんですよ。江戸時代の武士が、「刀」と一緒に差した短い「脇指」(わきざし)や、懐に入れた 「短刀」(たんとう)も、立派な刀剣・日本刀なんです。

ではこの2つ、脇指と短刀はどう違うんでしょうか?「短い」こと以外に、それぞれにどんな特徴があるかを、見ていきましょう。

戦でも町でも大重宝な「大小」の「小」=「脇指」とは?

脇指のルーツは、鎌倉時代にさかのぼります。

その時期の主力武器は、武将達は弓、徒歩の兵士達は 長柄武器(主に薙刀[なぎなた])でした。でも、合戦の際に主要武器しか持ってないと、失くしたり、乱戦になって使えなくなったりしたときに、丸腰になっちゃうんですね。

それでは危険だということで、補助的な武器として持つようになったのが、 「刺刀」(さすが)と呼ばれる短刀。のちに 「鎧通し」(よろいどおし)という、その名の通り、鎧の隙間から刺せる頑丈で細身の短刀に発展したり、戦に勝って敵の首を取るのに使われたりと、この短刀は重宝され、広まっていったんです。

やがて打刀が主流になると、短いのも一緒だと便利!ということで、今度は短刀ではなく、 打刀と同じ形の物を大小一緒に腰に差すのが大流行。江戸時代には 「大小二本差し」が武士の正装になります。ここから、この「小」の方を脇指と呼ぶようになりました。

脇指

脇指

大小二本差しはあくまでも「正装」ですので、普段は「邪魔だぁ」と、脇指だけ差す武士も多かったのです。また、町人も旅行のときは、護身用に脇指の帯刀が許されていました。基本的には 打刀の補助的な役割なんですが、なんだかんだと重宝されていたんですね。脇指はいわば打刀のミニチュア版(1尺以上2尺未満)。反りがほとんどない物です。

刀剣・日本刀の外装である「拵」(こしらえ)も、一緒に差す打刀とお揃いで作られました。

短刀とは?

短刀については、分かりやすくするために脇指と比較しながら述べていきますね。

さて脇指は、武士が腰に差した2本の刀の「大小」の「小」のことでしたが、短刀は?と言うと、これはもう 「隠し刀」です。

脇指が、腰に差して堂々と見せる物だったのに対して、短刀は、護身用に懐に忍ばせるのに重宝されました。

短刀の一番の特徴は、(つか:持ち手)と鞘の間に鐔(つば)がないこと。柄と鞘の口がぴったり合うことから、この形状を 「合口」(あいくち)と言います。形がフラットなので、懐に忍ばせやすかったんですね。

また、携帯用に作られたため、脇指より短いです。現在の法律では、脇指は刃長約30~60cm、それより短い刃長約30cm以下の物を短刀と定義しています。

短刀の中でも特に短い物は、 「懐剣」(かいけん・ふところがたな)と言って、江戸時代には男女ともに護身用に持っていました。現代では武家の婚礼衣装である白無垢(しろむく)や打ち掛けのお嫁さんが胸に挿しますが、これも「武家の嫁(娘)たる者、いざというときは、自分の身は自分で守るように」と言う覚悟の表れなんです。今も、そんなことを思いながら式を挙げるお嫁さんっているんでしょうか…。

短刀

短刀

短刀はこんな感じでまっすぐ!反りはほとんどありません。

まとめ

今回ご紹介した刀剣・日本刀の種類は、全部で4種類でした!

太刀 (たち)
騎馬用。刃を下向きに身に付ける。刃長が長く、反りが大きい。
打刀 (うちがたな:刀)
徒歩用。刃を上向きに身に付ける。刃長が太刀より短めで、反りも小さめ。
脇指 (わきざし)
鐔がある。太刀や打刀と一緒に腰に差す。武士の正装・大小二本差しの「小」。打刀と短刀の中間の長さで刃長約30~60cm。
短刀 (たんとう)
鐔がない合口。護身用に懐に入れることが多い。脇指より短く、刃長約30cm未満。
【関連サイト】
日本刀 日本刀 解説 日本刀 動画 日本刀 写真集 日本刀 直刀(大刀) 日本刀 太刀 日本刀 打刀 日本刀 脇指 日本刀 短刀 日本刀 イラスト 剣 イラスト 日本刀 用語 刀剣コレクション名古屋・丸の内 刀剣コレクション桑名・多度 ブログ 日本刀 川柳 日本刀
日本刀に関する基礎知識をご紹介します。
刀剣・日本刀写真
刀剣・日本刀の種類、鑑定区分など、様々な検索方法で、刀剣・日本刀が検索できます。
刀剣写真・画像集
芸術的価値の高い刀剣・日本刀を画像にて細部までご覧頂ける写真集です。