勝海舟_thumb

皆さんは、幕末時代に「江戸城無血開城」を実現した幕府最高幹部「勝海舟」(かつかいしゅう)をご存じでしょうか?明治維新の立役者とも言われる勝海舟は、多くの偉人から敬服されたことで知られており、「勝海舟がいなければ、いまの日本はなかった」とも評されるほどの傑物です。一方で、剣術の腕前にも優れていた勝海舟は愛刀家でもありました。その愛刀の1振に「海舟虎徹」(かいしゅうこてつ)と呼ばれる刀剣があるのですが、なんとその名刀が「刀剣ワールド」にやってきたのです!今回は、勝海舟と愛刀・海舟虎徹についてご紹介します。

勝海舟とは?

勝海舟は無役の旗本出身だった

勝海舟」は、幕末時代に幕府最高幹部として活躍し、明治時代には「伯爵」として華族に列せられましたが、その前半生は決して華々しいものではありませんでした。

1823年(文政6年)、勝海舟は旗本の家で誕生。旗本と聞くと、御家人よりは上の身分とイメージすることが多いですが、勝海舟の家は旗本と言っても石高41石余の、役職がない「無役」の旗本。無役であれば、当然内職などをして自分達で稼がなければなりません。

しかし、勝海舟の父「小吉」は昔から乱暴者で、お金があればすぐにお酒に使ってしまう困った人でした。貧しい生活を送る中、勝海舟は剣術道場で剣術を磨き、禅を学ぶことで心と体を鍛えます。

勝海舟のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

勝海舟の蘭学習得作戦

勝海舟が20代前半の頃、蘭学に興味を持つきっかけとなる出来事に遭遇します。

オランダから幕府へ献納された大砲を見たときのこと。その砲身には、オランダ語で何かが書かれていました。それが何と書いてあるのかを勝海舟は知りたくなり、蘭学の道へと進みます。

しかし、当時市販されていた蘭和辞典は30部余り。しかもその価格は60両(約80万円)で、貧しい生活をしていた勝海舟にはあまりにも高価でしたが、蘭書を読むうえで蘭和辞典は欠かせません。そこで思い付いたのが、蘭和辞典を所有していた蘭医「赤城玄意」(あかぎげんい)に「蘭和辞典を貸してほしい」と頼み込むことです。

当時、勝海舟と赤城玄意は知り合いどころか、初対面でした。なぜ勝海舟が赤城玄意のことを知っていたのかと言うと、勝海舟が喉から手が出るほど欲しかった、本屋に1部しか置いていない蘭和辞典を赤城玄意が購入していったためです。勝海舟は店主に蘭和辞典の買主を聞き出して、赤城玄意の居場所を突き止めたのでした。

勝海舟から訪問された赤城玄意ですが、はじめは身なりの粗末な勝海舟に警戒して「お貸しすることはできない」と断っています。

しかし、勝海舟が「年10両の損料(レンタル料)と、手付として2両を払うので貸してほしい」と食い下がると、その熱意が赤城玄意に伝わったのか、赤城玄意は蘭和辞典のレンタルを許可してくれました。

勝海舟は1年間、蘭和辞典の筆写作業を行います。その筆写作業とは、昼夜問わず机に向かい、眠るときは机に伏して眠り、目覚めたら再び筆写を続けると言うもの。また、一説によると当時、勝海舟は病気がちな母親の看病や、幼い妹達の面倒も同時に見ていたと言うのですから驚きです。

こうして、勝海舟は全58巻、約3,000ページもあった蘭和辞典をなんと2部も筆写し、そのうち1部を売って換金。このときに得たお金で蘭和辞典のレンタル料を賄いました。

その後、勝海舟は蘭学を習得したことによって幕政へと参加できるようになり、「江戸城無血開城」の日までに幕府の重鎮へと上り詰めることになるのです。

勝海舟が実現した江戸城無血開城とは?

勝海舟と西郷隆盛の関係

西郷隆盛_3
西郷隆盛

江戸城無血開城が実現したとき、幕府の責任者・勝海舟と新政府軍の責任者「西郷隆盛」は敵同士でしたが、お互いに尊敬しあう仲でした。

2人がはじめて会ったのは、1864年(元治元年)9月11日。勝海舟と西郷隆盛は、大坂「専称寺」(せんしょうじ)にいました。当時、勝海舟は軍艦奉行として、西郷隆盛は連合軍参謀として対面。

このときに勝海舟は、西郷隆盛に対して「いまの幕府にはもう政権を担当する能力はない。かといって、欧米列強の圧力があるいま、国内で争っていたらそれこそ外国の思うつぼだ。幕府と諸藩が協力することでしか、この難局は乗り越えられない」と語ります。

勝海舟の政治思想を聴いた西郷隆盛は、のちに「大久保利通」へ宛てた手紙の中で「じつに驚いた。どれだけの知略があるかは分からないが、勝海舟は優れた英雄肌の人物だ」と称賛するほど、大きな影響を受けたのです。

また一方で勝海舟も西郷隆盛についてこのように評価しています。

「私は、今までに天下で恐ろしい者を2人見た。それは横井小楠(よこいしょうなん:儒学者)と西郷隆盛だ」

「世の中を見る目や議論では負けないが、天下の大事を決するのは西郷隆盛であろう」

はじめて会談を行い、互いに傑物だと認め合った2人が再会を果たすのは4年後の1868年(慶応4年)。それは、その前年から勃発した「戊辰戦争」によって徳川幕府を倒そうと樹立した新政府軍が江戸へ押し寄せ、「江戸総攻撃」を行おうとしていた、まさにその2日前です。

総攻撃の予定日は1868年(慶応4年)3月15日。このとき、勝海舟は幕府の代表として、また西郷隆盛は新政府軍の代表として相対します。

西郷隆盛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

江戸城無血開城の実現へ

江戸城無血開城が実現した理由はいくつかありますが、なかでも大きかったのが「勝海舟と西郷隆盛が顔見知りであったこと」です。そして、単なる知り合いではなく「お互いが尊敬しあう関係だった」ことが重要でした。

勝海舟と西郷隆盛が江戸で2度目の再会を果たす前のこと。江戸総攻撃が行われる6日前の3月9日に、15代将軍「徳川慶喜」が、静岡にいる西郷隆盛のもとへ使者として「山岡鉄舟」を送っています。

このとき、西郷隆盛へ伝えられたのが「山岡鉄舟は勝海舟の使者」という言葉です。正確には、山岡鉄舟は徳川慶喜が派遣したので「勝海舟の使者」とするのは誤りですが、西郷隆盛の警戒を解くためにそのように伝えられました。

なお、この情報は様々な書籍やインターネットサイト、ドラマなどでも描かれているため、現在では山岡鉄舟は勝海舟の使者という認識が一般的となっています。

山岡鉄舟と西郷隆盛の会談から4日後の3月13日、いよいよ勝海舟が西郷隆盛との会談を開始。交渉の場所は田町(現在の東京都港区)の薩摩藩江戸藩邸。交渉は3月13日、14日の2回に分けて行われました。一説によると、初日となる13日は様子見で特に進展することはなく、本番は14日の総攻撃前日だったと言います。

西郷隆盛は、山岡鉄舟のときと同様に「徳川15代将軍・徳川慶喜の身柄を備前藩(現在の岡山県)に預けること」や「江戸城を明け渡すこと」など、「徳川処分案7ヵ条」と呼ばれる7つの総攻撃回避条件を勝海舟へ提示しました。

山岡鉄舟からすでに状況を聞いていた勝海舟は、「徳川慶喜の身柄」についてのみ「徳川慶喜の生まれ故郷である水戸で預かる」とし、それ以外の条件は応じると返答します。

西郷隆盛は徳川慶喜の身柄について、山岡鉄舟のときも拒否されており、そのときは山岡鉄舟に「これは勅命だ」と目を剥いて凄んでいました。今回も勝海舟から同じように拒否された形ではありましたが、西郷隆盛は勝海舟を信頼し、江戸総攻撃を中止。交渉によって得た回答を持って、総督府のある京都へと向かいました。

これは、勝海舟と西郷隆盛がお互いを尊敬しあう関係であったことが幸いした結果と言われています。もしも2人がお互いによく知りもしない間柄であった場合、和平交渉は決裂し、江戸は火の海となっていたでしょう。

勝海舟は、当時を振り返ったときに印象的だったこととして、以下のように述べました。

「自分は政治家であるから、策を講じようと思えばいくらでもできたが、誠実な西郷隆盛にはそうした小手先の策略は通用しない。江戸での交渉の際、西郷隆盛は敗軍の将となった私を決して侮らず、終始手をひざの上に置いて正座を崩さなかった。だから自分も誠実さを持って、西郷隆盛と向き合った」

徳川慶喜を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

勝海舟の愛刀「海舟虎徹」

勝海舟は、優れた政治家としての印象が強いですが、幼少期から剣術を習い、若くして免許皆伝するほどに優れた腕前を持っていました。一方で江戸城無血開城をはじめ、政治面での活躍が多かったことから、剣術や所有していた刀剣に関する逸話は少ないです。

勝海舟の刀剣に関する逸話として知られているのが、明治時代になってからの出来事。無類の刀剣愛好家として有名な「明治天皇」へ、旧大名や新貴族、明治維新の際に活躍した人物達が名刀を相次いで献上していくなかで、勝海舟だけは刀ではなく、(やじり:矢を放った際、標的に刺さる先端部)を寄贈したというエピソードです。

勝海舟も当然、刀はいくつか所有していましたが、どうしても手放すのが惜しかったのでしょう。

そんな勝海舟の愛刀の1振として挙げられるのが、徳川慶喜から賜ったと言われる刀「海舟虎徹」。正式名称は「刀 銘 長曽祢興里真鍛作之」(かたな めい ながそねおきさとしんたんこれをつくる)と言い、号の海舟虎徹は、鞘書(さやがき:刀剣の名や所有者などの情報をに書くこと)に「勝海舟が所有していた」と書かれていたことが由来となっています。

187_海舟虎徹
海舟虎徹

海舟虎徹を作刀したのは、「虎徹」の通称で知られる江戸時代中期に江戸で活躍した「長曾祢興里」(ながそねおきさと)。

長曾祢興里の刀剣は、武士から好かれる無骨な姿と優れた切れ味が特徴です。

幕末時代には、新選組の局長「近藤勇」をはじめ、数多くの武士から求められましたが、その人気が理由となって多くの偽物が作刀されました。そのため、刀剣界では「虎徹を見たら偽物と思え」と言う言葉が浸透したと言います。

海舟虎徹は、勝海舟の没後に個人へ渡り、永く個人蔵となっていましたが、このたび「刀剣ワールド財団」が所蔵することになりました。空前の刀剣ブームが巻き起こった平成時代には、なかなかお目に掛かることが難しかった名刀・海舟虎徹。愛知県名古屋市中区栄に開館予定の名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)で、展示・公開されるときが来るかもしれません。「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)でお披露目された際は、ぜひ観にきて下さい!

海舟虎徹
様々な「名刀」と謳われる刀剣を検索できます。
刀工「長曽祢虎徹」の情報と、作刀した刀剣をご紹介します。
【関連サイト】
勝海舟 西郷隆盛 徳川慶喜 長曽祢虎徹