刀剣ワールドの交流サイト 刀剣広場



武将ブログ 茶人として名高く文武両道「細川忠興」とは

武将ブログ 茶人として名高く文武両道「細川忠興」とは

「千利休」を師と仰ぎ、のちに「利休七哲」に名を連ねた「細川忠興」は、文武両道を究めた武将として有名です。戦国時代を持ち前の政治手腕で渡り歩き、細川家を繁栄させた名将・細川忠興の生涯に迫っていきましょう。

武将ブログ 悪党と呼ばれた「松永久秀」の最期

武将ブログ 悪党と呼ばれた「松永久秀」の最期

「松永久秀」は、素性に謎が多い人物です。松永久秀の名が現代まで伝わっているのは、「悪党」として名を轟かせ、そして「爆死した武将」として有名であることが理由です。松永久秀とは一体どんな人生を辿った人物なのか、人となりや死生観を紐解きます。

 渋沢栄一ってどんな人?

渋沢栄一ってどんな人?

「日本資本主義の父」と称される「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)。新紙幣では10,000円札の図柄となることも決まっています。渋沢栄一の生涯をたどりながら、その生い立ちや業績、人となりに迫っていきます。

武将ブログ 大うつけもの「織田信長」の逸話

武将ブログ 大うつけもの「織田信長」の逸話

「織田信長」は、戦国武将の中でも特に有名な武将です。幼い頃から奇抜な行動が目立ち、「大うつけ者」と呼ばれていました。織田信長が、大うつけ者と呼ばれていた理由を詳しくご紹介します。

 斎藤道三がマムシと呼ばれた理由は?

斎藤道三がマムシと呼ばれた理由は?

「斎藤道三」は、一代で美濃の油売りから一国一城の主まで登り詰め、「美濃のマムシ」、「梟雄」(きょうゆう)と呼ばれ、恐れられた人物です。しかし、その最期は悲劇的でした。そんな斎藤道三の生涯を見ていきながら、どのようにして、下剋上を成し遂げたのかをご紹介します。

織田信長の正室「帰蝶」(濃姫)の謎多き生涯

織田信長の正室「帰蝶」(濃姫)の謎多き生涯

「帰蝶」(濃姫)は斎藤道三の娘であり、織田信長の正室です。当時の文献は女性に関する記述が少なく、帰蝶の生涯も謎に包まれているのです。今回は、帰蝶に関するいくつもの謎について、諸説をご紹介していきます。

伊達政宗の意外な一面

伊達政宗の意外な一面

仙台藩初代当主「伊達政宗」は、仙台藩62万石の基盤を築いた武将としても有名ですが、芸術や文化にも精通していました。そして、自ら献立を考えては調理・配膳するほど料理の道を極め、いくつかの仙台名物の開発にもかかわったとされています。そんな戦国時代きっての美食家・伊達政宗の料理男子ぶりについて探っていきましょう。

明智光秀と茶の湯

明智光秀と茶の湯

戦国武将とは、ほど遠いイメージのある「茶の湯」の世界ですが、武将達はこぞって茶の湯をたしなんでいました。「明智光秀」もご多分に漏れず、茶の湯に親しんでいた戦国武将のひとり。ここでは、明智光秀と茶の湯の関係について見ていきます。

明智光秀と4つの【もしも】

明智光秀と4つの【もしも】

「あのとき、ああしていれば、別の未来があったかもしれない」。誰もが1度はこんな思いにかられたことがあるのではないでしょうか?人が生きていく上で、避けては通れないもの。それが選択(決断)です。ここでは筆者の独断と偏見で、4つの「もしも」を選定し、「明智光秀」が逆の選択を行なった場合に迎えたであろう未来を空想してみます。

歴女の基礎知識

歴女の基礎知識

戦国武将や日本の歴史などを好む「歴女」。ひとくちに歴女と言っても、刀剣・日本刀好きである「刀剣女子」など、そのジャンルが多岐に亘って細分化されていることが大きな特徴のひとつ。ここでは、そんな歴女の実態に迫っていきます。

【麒麟がくる】ではどうなる?明智光秀の出生は謎だらけ!

【麒麟がくる】ではどうなる?明智光秀の出生は謎だらけ!

「本能寺の変」の首謀者で、「織田信長」を死に追いやった「明智光秀」は、「裏切り者」の汚名を負う一方、頭脳明晰で教養もあり、愛妻家だった戦国武将です。今回は、明智光秀のルーツについて、出生地とされる「明智城」と、ゆかりの地「岐阜県可児市」をご紹介しながら追っていきます。

明智光秀はグルメだった!?

明智光秀はグルメだった!?

戦国時代の武将は、グルメ揃いだったと言われています。おいしい料理を知っていることは、有能な知識人であり、ご馳走を振舞うことは、自らの権力を誇示する最高のパフォーマンスだったのです。そこで「織田信長」が信長宴の餐応役に選んだのが、重臣「明智光秀」でした。

本能寺の変~なぜ明智光秀は織田信長を裏切った?~

本能寺の変~なぜ明智光秀は織田信長を裏切った?~

「明智光秀」は、「織田信長」を裏切って本能寺で織田信長を討った人物ですが、織田信長を裏切った理由については実は明らかになっていません。今回は、戦国時代最大の謎とも言われる本能寺の変について、最新の仮説と共にご紹介していきます。

戦国武将の運命を変えた大地震

戦国武将の運命を変えた大地震

地震国家・日本で生活する限り、人々は常に地震の脅威と戦っていると言っても大げさではありません。それは現代のみならず、武将達が活躍した戦国時代でも同じでした。突然の大地震に直面した戦国武将は、どのような対応を迫られたのでしょうか。

陣羽織がかっこいい!おしゃれな戦国武将達

陣羽織がかっこいい!おしゃれな戦国武将達

戦国時代の武将達が、自身の強烈な個性をアピールするために用いていたのが、奇抜なファッション。なかでもオシャレな物が豊富に揃っていたのが、「陣羽織」。ここでは、武将達の好みや生き様までもが込められた、デザイン性の高い陣羽織の数々をご紹介します。

稀代の業物鑑定家・山田浅右衛門

稀代の業物鑑定家・山田浅右衛門

時代劇の町奉行が刑罰を申し付けるシーンで、よく「打ち首獄門」という言葉が出てきますよね。「打ち首」は首を斬られること、「獄門」は斬られた首を獄門台に晒すことです。今回は、死刑執行人として知られた山田浅右衛門にまつわるお話です。