【刀剣ワールド/刀剣広場】



はじめてお花見をした武将とは?

そろそろ桜が咲く季節。お花見をするのが楽しみですよね。お花見と言えば、美しい桜を見ながら、お酒を飲んだり、ご馳走を食べたり。日本ならではの、そんな素晴らしい文化を創ったのは、我らがあの武将でした!

秀吉の愛刀「大坂長義」にまつわる2人の武将

1590年(天正18年)に天下統一を果たした「豊臣秀吉」。その陰にあったのは、秀吉が秀吉が好んで蒐集していた「名物」と称される茶器や名刀の数々でした。その中でも「大坂長義」(おおさかちょうぎ)の異名を取る短刀について、それを受け継いだとされる2人の武将と共にご紹介します。

柔道だけじゃなかった!嘉納治五郎と日本刀の関係

「嘉納治五郎」(かのうじごろう)は、柔道の創始者です。日本古来の武道「柔術」を、誰もが親しめるスポーツの「柔道」へと昇華させ、普及に努めました。そんな彼が大切にしていた愛刀について、さらには柔道と日本刀(刀剣)との関係について触れていきます。

嘉納治五郎と「韋駄天」(いだてん)

「嘉納治五郎」(かのうじごろう)は、柔道の創始者です。日本古来の武道「柔術」を、誰もが親しめるスポーツの「柔道」へと昇華させ、普及に努めました。また、東洋人初の国際オリンピック委員として、日本人初のオリンピアン「いだてん」こと「金栗四三」(かなくりしそう)選手との出会いもありました。

これであなたも最強武将に!?数字で見る合戦準備マニュアル

「下克上」が当たり前だった戦国時代。乱世を生き抜いた最強武将と言えば、「織田信長」や「上杉謙信」など、いずれ劣らぬ軍事的手腕の持ち主です。ここでは、武将達がどのように戦支度を整えていたのか、様々な数字を通して見ていきます。

日本ではじめてチョコレートを食べた武将は?

2月14日は、バレンタインデーです。日本では「女性から男性にチョコを贈る日」とされていた時期もありましたが、近年では単に「「チョコを食べる日」と解釈をする人もいます。そんな皆から愛されている「チョコ」。はじめて口にした日本人は、江戸時代のあの武将でした!

宮本武蔵に勝った男がいた!

「宮本武蔵」(みやもとむさし)と言えば、言わずと知れた日本最強クラスの剣術家。そんな伝説の剣豪に勝った男がいました。男の名は「夢想権之助」(むそうごんのすけ)。今回は、打倒・武蔵に生涯をかけて新たな武術を創り上げた、ひとりの武芸者に迫ります。